CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

平成森鮮組 大見じねんファーム 大ボラ会

 「貴僧坊」・・・「きそうぼう」と読みます。伊豆のど真ん中、100人に満たない小さな寒村です。 40数年ぶりに帰村した貴僧坊は多くの社会的困難な課題を抱えています。
 NPO伊東里山クラブに入会、さらに平成森鮮組を結成して里山・里地の整備を進めています。「貴僧坊ECOファーム」「大見じねんファーム」を立ち上げ自然農法に挑戦していきます。里山・里地の整備で派生する資材を農業に利用し、竹尽くし農法(竹取物語)や炭素循環農法を実践しています。
         
           NPO伊東里山クラブ 貴僧坊ECOファーム長 
             一般社団法人平成森鮮組平成森鮮組 代表理事 
               大ボラ会事務局長         山下 隆(洋平太)

         連絡先 伊豆市貴僧坊67   メールアドレス yoheita0609@yahoo.co.jp


八岳地域づくり協議会蓮華プロジェクト2 [2020年11月01日(Sun)]
原保の実験場に地主の承諾を得て蓮華を植えます。
IMG_3342+1.jpg
舌刈りが終わった実験場

IMG_3343+1.jpg
2ヶ月弱の駐屯で獣道
通る道が決まっている?不思議ですね。

IMG_3344+1.jpg
豆かす、米糠、炭粒、イーエムを混合したボカシ?を一面に散布

IMG_3345+1.jpg
全面を刈り払いしていきます。これはチカラシバの褐ウ

IMG_3346+1.jpg
ガガイモの蔓、これが厄介です。できるだけ切断しておかないと・・・

IMG_3347+1.jpg
雑木の木株、これは掘り起こすしかありません。

IMG_3349+1.jpg
耕運、ホンダではパワーが足りないのでクボタの6.3馬力を新たに購入

IMG_3351+1.jpg
ガガイモやらが絡みつき一周ごとに取らねばなりません。

IMG_3352+1.jpg
真ん中をわざと残しました。来春再放牧の時、蓮華ばかりだとヤギが飽きると思ったからです。種々の草がある方が彼らにはよいでしょう。
蓮華を一面にばら蒔き終了、果たして咲いてくれるでしょうか?
大ボラ会83;萬城の滝上流その2 [2020年11月07日(Sat)]
前回に続き、滝上流に入りました。
IMG_3369+1.jpg

IMG_3382+1.jpg

IMG_3372+1.jpg
澱みあり、せせらぎありの素晴らしい渓流なのですが・・・

IMG_3380+1.jpg
ビニールパイプの破片?

IMG_3378+1.jpg
山葵植えのパイプ、あちこちに散乱していました。


IMG_3381+1.jpg
これは育苗のプラ容器? 何でこんなものがあるのでしょうか?
人は住んでいませんし、ハイカーが捨てるとも思いません。山葵沢に続く林道がガンなのでしょう。

IMG_3373+1.jpg
上流の小滝と滝上の堰堤との間のゴミをを回収していきましたが拾いきれません。特に堰堤の河原がひどい状態です。次回もう一度入ることにします。

IMG_3385+1.jpg
滝つぼまで降りてみました。崩落防止のために、柱状節理の隙間を埋めた工事から10年が過ぎています。悲惨な姿はそのまま、壊した自然は戻りません。接着した部分が無くなるまで、大きく崩落した方がいいかもしれませんね。

IMG_3388+1.jpg
雨予報でしたが午前は大丈夫でした。お疲れ様です。

IMG_3389+1.jpg
先月伐採した中野のヒノキをエコファームまで降ろしました。クリフエッジプロジェクトの一環で、木工家の手でどんな風に加工されるのか楽しみです。
マコモの株分け [2020年11月14日(Sat)]
来年はマコモ栽培に力を入れるつもりです。
IMG_3408+1.jpg

IMG_3407+1.jpg
掘り取ったマコモ株を小分けして1m間隔で耕地圃場に植えていきます。まだ半分も行きません。今でいいのか、春先が良いのか迷うところです。

IMG_3402+1.jpg
協議会定例のおかっこ祭りが今年はコロナで開催できません。それに代わるイベントとしてドライブシアターを計画しています。旧校舎の壁にどのように映るのかの試写会です。

IMG_3401+1.jpg

IMG_3400+1.jpg
窓とか汚れた壁の手当てが必要ですね。それと校舎前の樹木が邪魔になります。3月初旬の予定ですから、じっくり計画して進めましょう。
三島由紀夫没後50年講演 [2020年11月25日(Wed)]
三島の衝撃的な自決から50年経ちました。
IMG_3427+1.jpg
思えば自決した自衛隊市ケ谷駐屯地のバルコニーを忘れることはできません。東京で浪人生活していた私が新聞配達していたところだからです。ここで、憲法改正を叫び自衛隊の決起を促しました。結局相手にされず自決してしまいます。考え方は違いますが日本国の生末を真剣に心配していた憂国の士といえます。50年経って日本は相変わらずアメリカの従属国のままです。何よりも日本人としての誇りと節度を忘れたまま、目先の利益を追う輩ばかりになってしまいました。
状況は全く違いますが、コロナ禍の今日、これからの生き方をじっくり考える良い時期といえます。人間があまりにも自然を虐げた結果がコロナの逆襲です。気候変動しかり、社会変動しかり・・・私たちは生き方を変えなければ、この先何度も自然からの警告が続くでしょう。
昨今、三島のファンが増えているといいます。三島の問いかけたことを改めて考えるべき時期なのでしょう。その三島が下田と縁が深いとは知りませんでした。三島と交流があった方の講演会が下田で開かれ行ってきました。

IMG_3428+1.jpg
帰りに昭吉の湯によって、亡きワサオの墓参りをしてきました。思えば短いヤギ生でしたが、存分に可愛がってもらったようです。温泉でうっとりしているワサオを思い出します。
これは五右衛門風呂、ゆっくり入ってみたいですねぇ〜。

IMG_3421+1.jpg
久しぶりの炭焼き

IMG_3422+1.jpg
粘土でしっかりと焚口を閉めたつもりですが・・・・
病む木々たち [2020年11月30日(Mon)]
伊東の大平の森、遊歩道整備事業に参加してきました。伊東はコロナ汚染が止まりません。クラスターが数か所で発生、大騒ぎです。森の中の作業ですから心配は前後の打ち合わせ時ですね。マスク着用は絶対条件になりました。
散策路の刈り払いと伐採を午前中かけてやってきました。
IMG_3436+1.jpg
ナラ枯れのクヌギ大木

IMG_3437+1.jpg
これはマツ、何年も前に枯れていたようです。

IMG_3403+1.jpg
こちらは水神社の宮沢、水が流れていません。

IMG_3404+1.jpg
水源の湧水も少量ですね。里山のどこかしこも病んでいるようです。気候変動も要因でしょうが人間の里山への関わり方が変わってきているのでしょうね。解決は難しいし元の生態系には戻れません。新たな生態系に落ち着くまで長い年月が必要です。