CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

平成森鮮組 大見じねんファーム 大ボラ会

 「貴僧坊」・・・「きそうぼう」と読みます。伊豆のど真ん中、100人に満たない小さな寒村です。 40数年ぶりに帰村した貴僧坊は多くの社会的困難な課題を抱えています。
 NPO伊東里山クラブに入会、さらに平成森鮮組を結成して里山・里地の整備を進めています。「貴僧坊ECOファーム」「大見じねんファーム」を立ち上げ自然農法に挑戦していきます。里山・里地の整備で派生する資材を農業に利用し、竹尽くし農法(竹取物語)や炭素循環農法を実践しています。
         
           NPO伊東里山クラブ 貴僧坊ECOファーム長 
             平成森鮮組局長 
               大ボラ会事務局長         山下 隆(洋平太)

         連絡先 伊豆市貴僧坊67   メールアドレス yoheita0609@train.ocn.ne.jp


原保に除草放牧実証実験場開設 [2020年09月04日(Fri)]
原保の集会場近くの耕作断念地を活用して、ヤギ除草の実証実験です。里山クラブさんの支援を受けて敷設しました。
IMG_3179+1.jpg
すぐ近くに民家があり、地主さんはもちろんですが3軒の了解を得てのスタートです。臭いや鳴き声など迷惑になるかどうかの検証です。

DSC00656+1.jpg
フェンスは全部で43枚、入り口は開閉式。19φのハウスパイプと吊り金具で固定します。可能な限り短時間で敷設できないとだめです。

DSC00657+1.jpg

DSC00655+1.jpg
駐屯小屋に岩塩を置きます。管理しやすいように入り口近くに置きました。

DSC00658+1.jpg
フェンス上部の電線はダミーで電気は流しません。屯所の電柵訓練場で電線を覚えさせたブーツとヨツバを駐屯させます。

IMG_3181+1.jpg
これはガガイモ、蔓性で実験場一面に広がっています。ちょっと気になりますが一か月もすればきれいになるはずです。

IMG_3183+1.jpg
メス山羊がやってきた!
H君が群馬からセリ落としてきた女の子です。男どもが大騒ぎ、無理もありませんね。亡くなったヒメカに似ていますね。
大ボラ会81;ホーム姫之湯 [2020年09月05日(Sat)]
県にリバーフレンドシップ制度があります。身近な河川環境への関心を高めることを目的に、県と市町が連携して活動団体を支援してくれるという制度です。大ボラ会もこの制度を利用することになりました。保険を適用してくれるといううのがきっかけです。春から市の担当部署とやり取りして、県・市・会の3者協定の内容と該当区間が決まりました。今日の大ボラ会は該当区間をじっくり調査することにしました。
IMG_3184+1.jpg
コロナ感染はまだ収まりませんが、留意しながら出陣です。

IMG_3187+1.jpg
右上に少し見えるのが泉橋、フレンドシップの区間は此処から下流、支流のアザミ川合流地点までの520mです。ゴミを回収しながら下ります。

IMG_3190+1.jpg
西岸に竹林があります。此処も間伐したいですね。

IMG_3189+1.jpg

IMG_3195+1.jpg
堤防にびっしりとはびこる雑草が厄介です。下が河原なら刈り払いが可能ですが、本流が流れているところはどう手入れするか・・・・

IMG_3196+1.jpg
右側にアザミ川が流れ込んで、ここが合流点です。ここから上流西に稲田が広がり、堤防に鹿柵のワイヤーメッシュが張られています。河原に降りることができずに、これも厄介です。

IMG_3199+1.jpg
調査が主目的でしたが、やはりこれだけのゴミが出てきました。
フレンドシップ協定区間の520mを見てきました。機材等を揃えて、この区間ををホームとして活動していきます。3者協定は年明けと聞いています。参加の皆様、暑い中をお疲れさまでした!
雨の中、水神社山葵の植え付け [2020年09月06日(Sun)]
例年9月の第一日曜日は、防災訓練とワサビ植え付けが行われます。折悪く雨が降ってきました。
災害は天気を待ってくれません。公民館に訓練避難してきた区民に、アルファー米を配布して訓練は終わってしまいました。その時の防災担当が決めることですが、果たしていいのかな〜? 1年限りの役員では継続性は図れません。
IMG_3203+1.jpg
訓練後、各班に分かれ草刈りや側溝浚い、わさび植え付け
氏子のワサビ栽培、どうかいつまでも続いてほしいものです。

IMG_3202+1.jpg
中野にある我が家のヒノキ、今年のクリフエッジプロジェクトに使いたいと依頼されました。伐採はいいのですが搬出が厄介です。

DSC00669+1.jpg
旧八岳小学校の跡地活用が決まらないので、協議会に検討部会を設置

DSC00668+1.jpg

DSC00665+1.jpg
テレワークセンターや空き家活用の移住促進、居場所・楠カフェなど検討しています。コロナ時代を迎え、都市から地方への流れを逃してはなりません。校庭の芝生化から始めることになりましたが急がないと間に合いませんね。八岳地域活性化の最後の機会だと思っています。
ガガイモは嫌い? [2020年09月09日(Wed)]
原保の実験場にはブーツとヨツバを9/5から駐屯させていました。6日の大雨と雷で「鳴き声がうるさい」と通報がありいったん引き揚げ、今日から再出動です。
IMG_3212+1.jpg
駐屯小屋を奥に移動、日よけに芦を張りました。これで様子をみてもらいましょう。

IMG_3213+1.jpg
この実験場はガガイモが一面にはびこっています。

IMG_3218+1.jpg
ガガイモの花、茎を折ると白い樹液が出てきます。気になっていましたがやはり食いつきがよくありません。乾燥したらどうかと半分刈り払いしてみました。ツル性のガガイモは、刃に絡みつき切るのも厄介です。

IMG_3216+1.jpg
真ん中はチカラシバ、イネ科の仲間でしょうか?よく食べてくれます。

IMG_3214+1.jpg
H君のヤギは「ナナ」と名づけられました。飼育小屋が完成するまで屯所の訓練所に住んでいます。恋の季節でチャチャが近寄っては思いを伝えています。

IMG_3208+1.jpg
チャチャは回復しつつあります。獣医さんが投与してくれた駆虫剤が効いたのでしょう。まだ皮膚がガサガサで斑点だらけですが、危機は乗り越えたようです。
ヤギさんは恋の季節 [2020年09月15日(Tue)]
4日にH君のメス山羊が屯所にやってきてから、オスヤギどもが落ち着きません。エコファームのニーナとゲンキが脱柵。屯所にきてナナに言い寄っています。隣のツバサも然り。
IMG_3207+1.jpg

IMG_3220+1.jpg
長いことメス山羊がいなかったので無理もありませんが、エコファームから、技研からも脱柵が続き困っています。どうやってどこから抜けるのかが分かりません。仕方なしにニーナとゲンキを屯所ヤギ舎に入れて、チャチャと同居です。

IMG_3225+1.jpg
縄文舞台に上がってご機嫌の2代目ゲンキ、病気のチャチャと一緒で懸念は残ります。