CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

平成森鮮組 大見じねんファーム 大ボラ会

 「貴僧坊」・・・「きそうぼう」と読みます。伊豆のど真ん中、100人に満たない小さな寒村です。 40数年ぶりに帰村した貴僧坊は多くの社会的困難な課題を抱えています。
 NPO伊東里山クラブに入会、さらに平成森鮮組を結成して里山・里地の整備を進めています。「貴僧坊ECOファーム」「大見じねんファーム」を立ち上げ自然農法に挑戦していきます。里山・里地の整備で派生する資材を農業に利用し、竹尽くし農法(竹取物語)や炭素循環農法を実践しています。
         
           NPO伊東里山クラブ 貴僧坊ECOファーム長 
             平成森鮮組局長 
               大ボラ会事務局長         山下 隆(洋平太)

         連絡先 伊豆市貴僧坊67   メールアドレス yoheita0609@train.ocn.ne.jp


森鮮組令和奮闘記9;太陽光八幡プラント刈り払い;酷暑との闘い [2019年08月02日(Fri)]
8月に入ってしまいました。ココロの不幸もあり、心が晴れることがありませんが、記録は残しておかないと・・・。暑い日が続きます。日本の穏やかな気候は温帯モンスーン気候とか言ってたように記憶します。気候変動に伴い極端な気候になってきています。この流れは止まらないのでしょう。このクソ暑いのに刈り払い作業です。
DSC08622+1.jpg

DSC08624+1.jpg

DSC08616+1.jpg
雨が続いたのでびっしりと繁茂しています。

IMG_2056+1.jpg
幼木や竹、それとススキが多く厄介です。当初は姫竹とワラビがほとんどでしたが、植生が変わり多様な植物が揃ってました。
敵は暑さ、さすがに若い隊員も勝てません。午前で撤退です。弱ったな・・・予定通り終わるかな? 早朝作業するしかなさそうです。

IMG_2046+1.jpg
暑いのはヤギさんも同じ・・ヒメカの子供たちはサトイモの葉隠れ

IMG_2060+1.jpg
カプリコーン前のゴミステーションの床板を張り替えました。床が弱くなっていたので、区長に交換を依頼しました。小屋は伊豆市の所有、市の回答は見積もりを取って業者を決めて・・・唖然とします。公金の使い方は慎重にせねばなりませんが、塗装コンパネ一枚¥1480、資材調達を含め作業時間1時間・・・これを見積もり合わせですか??? これを世間ではお役所仕事といいます。書類を整えることが仕事だと勘違いしていませんか?

IMG_2070+1.jpg
カプリコーン旅館業許可証
ようやく許可が下りました。これで晴れて開業できますが、まだ準備が整っていません。
大ボラ会67;ホーム大見川 [2019年08月03日(Sat)]
前回雨天中止、前予定の大見川に入りました。
DSC08627+1.jpg

DSC08628+1.jpg

IMG_2065+1.jpg
面本短歌
 「拾えども 流れ来るゴミ 河原から 海に流れて マイクロ変化」


DSC08630+1.jpg

IMG_2066+1.jpg
堤防を塞ぐ樫の大木
枝を切り落としてヤギ牧場に運び、太い幹は脇にどけて通路だけは確保しました。

IMG_2068+1.jpg
お盆の送り・・・キュウリとナスの牛馬で仏さまが天まで帰り、お供え物は鳥たちが天まで運びます。廃れてほしくない風習ですね。

IMG_2069+1.jpg
面本短歌
 「大見川 尽きぬプラごみ いつの日か 清流豊魚 里川回帰」


DSC08626+1.jpg
早朝6時から2時間、ソーラー刈り払い。明日の午前中で終わるかな?
森鮮組令和奮闘記10;八幡プラント刈り払い、酷暑との闘い続く [2019年08月04日(Sun)]
なんとか今日で終わらせたい。早朝から出動。
DSC08631+1.jpg

DSC08636+1.jpg

IMG_2077+1.jpg

DSC08639+1.jpg

DSC08646+1.jpg
少し頑張ってもらい、12時で終了

IMG_2073+1.jpg

IMG_2075+1.jpg
面本短歌
 「虫たちの 棲み処を奪う 刈り払い 人と昆虫 共生難し」


IMG_2049+1.jpg
無農薬のじねんファームに種々のトンボ舞う!

IMG_2053+1.jpg
これは稗、穂が出てきたのですぐに分かりますがこうなると根がしっかり張っています。抜くのは大変、少しづつ抜いています。
今日は萬城の滝祭り、午後から覗いてみました。この地区最大のイベントで33回目だそうです。今年中に動物取扱業を取得して、来期は森鮮組として参加するつもりです。
森鮮組令和奮闘記11;今期の森林山村事業スタート [2019年08月08日(Thu)]
今年の山林整備の始まりです。
DSC08653+1.jpg
事業の4年目以降禁止で、今期は大幅に縮小せざるを得ません。筏場の竹林伐採の3か所のみとなりました。私を含め4人の精鋭でやっていくつもりです。
8/5に今事業の説明会がありましたが、ころころと変わる制度にはうんざりします。4年目以降はどうするんでしょうか? せっかく整備した里山の保全と維持を考えないのでしょうか?

DSC08657+1.jpg

DSC08660+1.jpg

DSC08671+1.jpg
終了後の写真も必要となりました。やれやれ・・・税金を添付使わせてもらっていますから、いい加減にはできません。が、そこまでやらなくても、もっと信用してくれても良いと思います。熱中症の心配から当面は午前中のみの作業とします。

DSC08675+1.jpg
カプリコーンの看板が完成しました。民泊を民宿に替えて居場所と囲炉裏看板を追加、字のバランスが悪いですね。全体像を考えてやったつもりですが・・・
森鮮組令和奮闘記12;雨に祟れて・・・ [2019年08月12日(Mon)]
台風の影響でしょうか?天気が心配・・・
DSC08676+1.jpg
使う器材も写真に入れて映すようになりました。

DSC08680+1.jpg

DSC08681+1.jpg
作業参加者も全員が写っていなくては駄目といいます。そんなに信用できませんか?
一時間もせずに降ってきました。身体はもちろんですが、機材がぬれるとすぐに故障してしまう。諦めて撤収、カプリコーンでの安全講習に切り替えました。

DSC08682+1.jpg

DSC08684+1.jpg
機材の整備も各々で実施
チェンソーの安全教育が強化されます。個々のスキルアップは必要でしょうが、事故対策としてはどうでしょうか? 現場の状況把握や、作業者同士の意思伝達のほうがより重要と思っています。なによりも作業前の打ち合わせ時間を十分にとって、事故の無い作業を続けていきます。
森鮮組令和奮闘記13;炎暑との闘い続く [2019年08月19日(Mon)]
森林山村事業は月・木・土の週三回を活動日に充てています。当面は無理せず、午前中の活動とします。
DSC08692+1.jpg

DSC08701+1.jpg

IMG_2083+1.jpg
八岳地域づくり協議会定例役員会
早稲田の農村デザインゼミの受け入れ検討・・・学生に中山間地の現状を見てもらい、感じたことを聞いてみたいですね。

IMG_2082+1.jpg
ヒメカ親子はカプリコーンに移動しました。ヒメカは産後の肥立ちが悪く心配しています。

DSC08687+1.jpg
水神社裏、沼津ボーイスカウトのキャンプ

DSC08688+1.jpg
竹林伐採と粉砕の体験
14日までのキャンプですが、折り悪く台風が近づいています。悪天候も貴重な体験と頑張っていますが、くぐれも無理せず楽しんでください。
森鮮組令和奮闘記14;この暑さ、いつまで? [2019年08月22日(Thu)]
朝夕は少し涼しくなりましたが、相変わらずの暑さが続きます。
DSC08728+1.jpg

DSC08714+1.jpg

DSC08717+1.jpg

DSC08721+1.jpg
ここは元は山葵沢だったみたいです。4段の棚田になっていて、山中なのにどこから水を引いているのか水路にはたっぷり清水が流れています。栽培をあきらめて何年たったのか、竹に覆われてしまいました。隊士の体調を考慮して今日も午前中で切り上げました。

昨日・・・
IMG_2090+1.jpg
神奈川から来ていただいたEMの先生の指導の下、活性液一トンタンクの仕込みです。

IMG_2086+1.jpg

IMG_2089+1.jpg
米糠の汁に塩を溶かして・・・EM菌の食糧です。

IMG_2092+1.jpg
ヒメカの子供たちに名札が着きました。子供たちは元気に飛び回っていますが、ヒメカは産後の肥立ちが悪くやせ細ってしまいました。下痢も続いていて心配は尽きません。

IMG_2085+1.jpg
稲株の中に稗が・・・根からとるのは無理、稗の穂だけ抜き取っています。
森鮮組令和奮闘記15;デジカメ不調・・記録が取れない [2019年08月24日(Sat)]
森林山村事業では作業写真が重要です。いい加減だと交付金がカットされます。デジカメが不調で弱りました。
DSC08729+1.jpg

IMG_2104+1.jpg

IMG_2114+1.jpg
スマホの写真で補っていますが、買い替えないと駄目ですね。

IMG_2123+1.jpg

IMG_2124+1.jpg
この伐採現場はこんもりした小山になっています。この湧水は上流からトンネルで引いているようです。皮子平火山の火砕流と火山灰の山で、掘りやすかったのでしょう。蛇喰の山体崩壊はすぐ近く、同じような浸透性のある地層が続いています。だからこそ日本一のワサビ栽培地になったのでしょう。湧水はいいのですが、その下のプラごみ・・・これは山葵栽培の塩ビパイプです。ゴミ尽きることなし、嘆かわしもうやだ〜(悲しい顔)

IMG_2127+1.jpg
カプリコーンでお散歩、3兄妹
カプリコーンの裏側ヤギ舎で暮らし、雑草の舌狩りをしてもらっています。

昨日・・・
IMG_2101+1.jpg

IMG_2103+1.jpg
前から気になっていたホテルノットに行ってきました。開催されたイベント”己書”に参加。

IMG_2097+1.jpg

IMG_2099+1.jpg
女性ばかりで若干場違い?
墨書ですが書道でなく日本字をアートにしています。看板やポップに活かしたいと考えていて、月一のイベントで可能の限り通うつもりです。

IMG_2102+1.jpg
カプセル式の寝室、まだ若いオーナーの自作といいますから驚きます。オープして一年、順調に経営されているようです。己書に通いながら宿泊業運営の教えを請います。
森鮮組令和奮闘記16;全日体制で攻略 [2019年08月26日(Mon)]
今日から全日で攻めます。
DSC08731+1.jpg

IMG_2131+1.jpg

DSC08740+1.jpg
私どもロートル2人は午前で引き揚げ、若い2人に夕方まで頑張ってもらいます。

DSC08741+1.jpg
ヒメカの痩せ方が尋常でなく、獣医さんに診てもらいました。肝機能の低下と産後不調との見立てで、一週間分の薬を投与して様子を見ます。

IMG_2128+1.jpg
トム・・・鶏舎ですがこういう狭いところのほうが落ち着くのでしょう。

IMG_2129+1.jpg
日差しを浴びて気持ち良さそうです。虫対策なのでしょうか? 羽を広げ、まったりと寝そべって・・・カラスに襲われないか心配になります。
森鮮組令和奮闘記17・18;清流の源は? モニタリング調査区間伐 [2019年08月31日(Sat)]
この現場は今日で終わります。
DSC00028+1.jpg

DSC00035+1.jpg
100uの円内に99本があり、昨年間伐して残り78本。これを33本まで間伐していきます。当初は皆伐予定でしたが予算減額に伴い1/3間伐に切り替えました。

DSC00038+1.jpg
残り33本。これで調査区は完了。来期は新竹を除去します。

DSC00030+1.jpg

DSC00040+1.jpg
すっきりとした竹林になっていると思いますが、これをどう維持するかが課題です。

8/29奮戦記17・・・
DSC00008+1.jpg

DSC00013+1.jpg

DSC00014+1.jpg
デジカメが不調です。必要な枚数が撮れていません。弱りました。

DSC00018+1.jpg
水路の水はどこから? トンネルが出てきました。ずっと奥まで続き滔々と清流が流れています。多分この裏の川まで続いているのでしょう。先人の努力の賜物ですが、ワサビ栽培に使われなくなったのは残念です。が、水路の下流は稲田に続いていて、まだ現役のようです。