CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

平成森鮮組 大見じねんファーム 大ボラ会

 「貴僧坊」・・・「きそうぼう」と読みます。伊豆のど真ん中、100人に満たない小さな寒村です。 40数年ぶりに帰村した貴僧坊は多くの社会的困難な課題を抱えています。
 NPO伊東里山クラブに入会、さらに平成森鮮組を結成して里山・里地の整備を進めています。「貴僧坊ECOファーム」「大見じねんファーム」を立ち上げ自然農法に挑戦していきます。里山・里地の整備で派生する資材を農業に利用し、竹尽くし農法(竹取物語)や炭素循環農法を実践しています。
         
           NPO伊東里山クラブ 貴僧坊ECOファーム長 
             平成森鮮組局長 
               大ボラ会事務局長         山下 隆(洋平太)

         連絡先 伊豆市貴僧坊67   メールアドレス yoheita0609@train.ocn.ne.jp


森鮮組令和奮闘記6;梅雨の合間に竹林攻撃 [2019年07月11日(Thu)]
梅雨の中休みで昨日は良かったのに、今日はどんよりとした曇り空。
DSC08575+1.jpg
祭りの竹材準備もあり、午前中だけでもと原保竹林に出撃

DSC08578+1.jpg

DSC08584+1.jpg
おかっこ祭りに使う竹灯篭材を確保できたので良しとして午前中で終了

DSC08583+1.jpg

DSC08579+1.jpg
ドローンで貴僧坊を空から見る
屯所から神社まで撮影してもらいました。上から見ると違う世界が広がっています。カプリコーンのお披露目に皆様に見てもらいましょう。

IMG_1927+1.jpg
面本短歌
「水嫌い そろりそろりと こやぎ行く 先の畑に ごちそうが待つ」
文才はありませんが、ボケ防止に言の葉を紡んで見ます。短歌にはほど遠いんですが良しとしましょう。日常の一こま写真に言葉を添えて、面本短歌と銘打ってアップしていきます。
ヒメカ出産! [2019年07月12日(Fri)]
三月に富士市の馬飼野牧場から引き取ったヒメカが出産しました。
IMG_1941+1.jpg
外出から帰ると、すでに生まれて立っていました。?、ヒメカがオロオロして落ち着かない。隙間から外に出ていた子がいました。オス1・メス2の3頭です。

IMG_1948+1.jpg

IMG_1950+1.jpg
8月と思っていましたが、引き取った時はすでに妊娠していたのでしょう。メス2頭は貴重、無事に育てます。

カプリコーンの消防検査・・・
IMG_1938+1.jpg
のっけから「用途変更が必要です」と言われ茫然
増設した囲炉裏の面積を含めると200uを超すと指摘され、撤去しますと道具を取り出すと、堅物そうな署員が待ったを掛けます。本宅とサンルーフ的な増設部の連結を調べ、3か所外したら独立した建物として除外するといいます。柱を本宅に連結していないので、助かった!すぐに囲炉裏屋根の連結部を外してセーフ!

IMG_1932+1.jpg

IMG_1934+1.jpg
どうして押し入れに検知器が必要なのか?理解に苦しみますが、我慢がまん・・・

IMG_1935+1.jpg
窓を開ければすぐに外に出れるのに、なぜに誘導灯が必要なのか?ガマンガマン・・・

IMG_1939+1.jpg
消火器も三か所
ガマンガマン・・・ようやく堅物がオッケイしてくれました。やれやれ、来週中には消防設備認可が下りそうです。

IMG_1944+1.jpg
夜には区の評議委員会と、協議会の区長打ち合わせを掛け持ち
評議委員会を中途で退出したので、区長から事後報告がありました。なんと7/14に予定していた宮沢のワサビ収穫を天候を理由に7/20に変更したという。7/20のおかっこ祭りのことは十分に承知しているはずなのに、何か勘違いしています。地域づくり協議会の認識違いはもとより、役員だけの祭りではなく、八岳地区全体のイベントなのに・・・がっかりもうやだ〜(悲しい顔)
森鮮組令和奮闘記7;祭り準備、雨中出陣 [2019年07月15日(Mon)]
おかっこ祭りは土曜日、雨だろうと後がない。今年の梅雨は異常ですね。午後から雨脚が弱ったので出陣してもらいました。2班に分かれて祭りの準備です。
DSC08585+1.jpg

DSC08595+1.jpg
祭り工作体験のマイカップ用に淡竹を伐採

DSC08590+1.jpg
七尋石散策路整備と誘導看板の設置
散策路はイノシシ野郎が掘り返し穴だらけ。地ならしを進め障害物を除いて歩行安全を確保します。

DSC08589+1.jpg

DSC08591+1.jpg
準備オッケイ、雨の中お疲れでした。隊員各氏、風邪など召せるなと願う。

IMG_1969+1.jpg
カプリコーンにイーエム発酵所を作っています。ようやく1トンタンクの移設が終了、高圧洗浄機で中を洗います。

IMG_1942+1.jpg
神社小丸山の看板移動
河畔に山櫻を植えています。看板通りの風景は何年後でしょうか?

IMG_1957+1.jpg
面本短歌
 「生まれ立ち 乳房求めて よち歩む 母の愛受けて やぎ生始め」
ヤレヤレ・・・言の葉をひねり紡んでいますが、字数を合わせるだけですね。牧水短歌の冴えに少しでも近づければと続けるしかありません。
第三回おかっこ祭り [2019年07月20日(Sat)]
いよいよ祭りです。昨日まで雨が・・・天気を心配してもドモなりません。
IMG_1997+1.jpg

IMG_2005+1.jpg
森鮮組&里山クラブの竹細工コーナー
竹灯篭、金明竹ストロー、真竹コップと竹の箸・・・子供たちが楽しんで作って、貴僧坊水神社の水で試飲。

IMG_1999+1.jpg
自活ファームさんの自然農野菜とお米の紹介

IMG_2002+1.jpg
八岳巡りのボンネットバス。七尋石散策が出来なかったのは残念でした。

IMG_2008+1.jpg
手前がカプリコーンのフリマ、東京からの助っ人2人にお願いしました。フリマが1面だけだったのはさみしい限り。

IMG_2011+1.jpg
餅投げ
面本短歌
 「八岳の 里山里地 住んで良し 訪れて良し 祭り楽しむ」


IMG_2019+1.jpg

IMG_2021+1.jpg
面本短歌
 「曇天に 浮かぶランタン おかっ子の 願い託して 風にたなびく」

早めに配布してしまったので、一斉打ち上げが出来ませんでした。線香花火と一緒には無理ですね。来期は、早く陽が落ちる冬場のイベントとして考えます。
長い一日でした。反省点数々あれど、来場者が重複で1000人、まずは良かったとしましょう。
スタッフの皆様、お疲れでした。
新鮮組令和奮闘記8;機能強化の作業道延伸終了! [2019年07月24日(Wed)]
未完成の作業路、繋がりました。
DSC08596+1.jpg

DSC08607+1.jpg

DSC08605+1.jpg
私は保健所の検査やら福祉支援やらで3人にお任せ

DSC08610+1.jpg

DSC08598+1.jpg
上からの通路とドッキング、計測して終了。

IMG_1991+1.jpg

IMG_2028 (1)+1.jpg
タシとツバサは屋根に登ることを覚えてしまいました。登っても降りるのに苦労してます。

IMG_2029 (1)+1.jpg

IMG_1993+1.jpg
ヒメカの子供たちの名前が決まりました。

IMG_1983+1.jpg
♀ミルク

IMG_1987+1.jpg
♀クウ

IMG_1985+1.jpg
♂バーン
今回は毎日世話してくれた方の案を優先しました。
田んぼアート [2019年07月28日(Sun)]
月ヶ瀬地域づくり協議会の田んぼアートを覗いてきました。
IMG_2035+1.jpg

IMG_2037+1.jpg
一年目でこの出来栄え・・・いと素晴らしき!
協議会会長に話を聞けました。先進地の菊川に2回研修、子供たちを巻き込んでのイベント、設計や計測の人材等々、周到な準備をしていました。各地の協議会で取り組み、伊豆田んぼアート巡りができると面白いでしょうね。何より2か月くらいは鑑賞できそうだし、連作の心配はないし、良いことづくめじゃないかしら!

IMG_2034+1.jpg

IMG_2040+1.jpg
来期、八岳で取り組めるか?

IMG_2041+1.jpg
夜には先日のおかっ子祭りの慰労会&反省会

IMG_2030+1.jpg
面本短歌
 「いと悲し ヤギの生と死 ココロ逝く 天の定めか 私のミスか」

生き物を飼っていると生と死は日常になります。前日獣医さんに診てもらったココロが急死してしまいました。熱中症という診断でしたが、死因ははっきりしません。東部家畜保健衛生所の結果待ちです。何度経験しても心が晴れることはありません。あの立派な角を再び見ることはできません。