CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

平成森鮮組 大見じねんファーム 大ボラ会

 「貴僧坊」・・・「きそうぼう」と読みます。伊豆のど真ん中、100人に満たない小さな寒村です。 40数年ぶりに帰村した貴僧坊は多くの社会的困難な課題を抱えています。
 NPO伊東里山クラブに入会、さらに平成森鮮組を結成して里山・里地の整備を進めています。「貴僧坊ECOファーム」「大見じねんファーム」を立ち上げ自然農法に挑戦していきます。里山・里地の整備で派生する資材を農業に利用し、竹尽くし農法(竹取物語)や炭素循環農法を実践しています。
         
           NPO伊東里山クラブ 貴僧坊ECOファーム長 
             平成森鮮組局長 
               大ボラ会事務局長         山下 隆(洋平太)

         連絡先 伊豆市貴僧坊67   メールアドレス yoheita0609@train.ocn.ne.jp


屯所の改造 [2019年04月03日(Wed)]
屯所の農機具小屋はまだ壊れたまま、トイレの烏骨鶏も早く移さないとかわいそう・・・チップ堆積場を片付けてここに鶏舎を建てます。
IMG_1539+1.jpg
少し掘るとザクザク現れるのがカブ幼虫です。

IMG_1544+1.jpg
コンテナに50匹づつ入れてみましたがとても収まりません。

IMG_1550+1.jpg
堆積場の一角を仕切り、ここに入れます。羽化する前に網張りして成虫を採捕するつもりです。

IMG_1560+1.jpg
穴あけしているとチャボさんたちが近寄ってきます。ミミズや虫を啄むためで、作業の邪魔ばかりします。

IMG_1547+1.jpg
技研ヤギ舎に床が出来ました。メス群と子供たちを移しました。

IMG_1545+1.jpg
技研内の水飲み台にゴンチ親子

IMG_1556+1.jpg
スズさん出産、黒白のブチとスズさんと瓜二つの毛並の男の子でした。小さいブチが立てなく心配です。ゴンチの初乳を解凍して飲ませます。スズさんは一時も離れずに世話しています。なんとか無事に育ってほしいですね。
大ボラ会64;地蔵堂川&菅引川合流域、総会 [2019年04月06日(Sat)]
今日の大ボラ64・・・
IMG_1561+1.jpg

IMG_1565+1.jpg

IMG_1566+1.jpg

IMG_1567+1.jpg
過去、何回か回収していますがゴミはなくなりません。里山里地のゴミが無くならない限りは無理でしょう。地蔵堂川は昨年浚渫工事が施行され、堤防幅いっぱいに均等に流れています。それがゴミを際立させる、なんとも可笑しな現実です。河原を無くし、澱みも瀬もない見た目の綺麗な川・・・自然からは程遠いただの排水路です。安心安全のために多額の税金を使って浚渫、それも予算のついた100メートルほど? 土砂が溜まり過ぎて洪水の危険???なんとも合点がゆきません。

IMG_1573+1.jpg
終了後は総会を兼ねてカプリコーンで昼食会です。前日から泊まり込みの茅ヶ崎レデイーズと合同の餅つき、BBQ、春の恵みを食べる天ぷら。

IMG_1570+1.jpg
子供用にうさぎ杵を準備しました。

IMG_1574+1.jpg
タラの芽とハルジオンのてんぷら最高! それと猪鹿の肉、カプリコーンの売りが出来そうです。

IMG_1577+1.jpg

IMG_1581+1.jpg

IMG_1580+1.jpg
3/4生まれのスズっ子の名前が決まりました。小さい黒白がタシ(チベット語でラッキーという意味だそうです)、スズにうり二つの大きいほうがトムです。チベット出身の子供たちに名付けてもらいました。
誕生あれば死も・・・ミナミがとうとう逝きました。3日くらい前から様子がおかしいのでエコファームに移してました。コロンもミナミも・・・花ファミリーはサクラのみとなって、ハナの系統は途絶えてしまいます。私の責任です。

IMG_1582+1.jpg
軍鶏がやってきた。茅ヶ崎レデイーズが連れてきました。見た目は怖いですが、臆病で優しい鶏です。オス1・メス3の4羽が広場の仲間に入りました。
区の山見&引継ぎ [2019年04月07日(Sun)]
貴僧坊区の共有林の山見です。
IMG_1583+1.jpg

IMG_1586+1.jpg

IMG_1585+1.jpg
山林の状況を確認して今年の山林役を検討するのですが、何年も整備はしていません。境界の確認だけしています。森の現況は悪く、間伐も刈り払いも必要です。朝の出がけ、今年も作業は無しと決めてしまいました。評議委員と山林副部長、9人が半日かけて確認作業、どうなんでしょうね??
午後から区の引継ぎ、ようやく区長から解放されました。

IMG_1587+1.jpg
タシとトムの散歩、スズファミリーを初めて広場から出しました。まだ生後4日目、ヨチヨチとついてきます。まだスズは10か月、母乳も足りなさそうで毎日4回のミルクやりは欠かせません。タシが心配でしたがもう大丈夫でしょう。
技研ヤギ舎&屯所鶏舎、ようやく完成 [2019年04月09日(Tue)]
今日はもう9日、令和と新年号が発表され気分的に新しい時代が始まろうとしています。平成森鮮組も私も前に進めず、気分は沈んだままです。原因はミナミの死去と森林山村前期の未処理です。
ブログも一か月もさぼっています。記録しておかないと・・・

IMG_1589+1.jpg

IMG_1591+1.jpg
明日は☂予報、技研のヤギ舎の屋根掛け
クラブさんにお願いしていた技研のヤギ舎がはぼ完成しました。床張りが終わった時に、メス群と子供たちを技研放牧場に移していましたが、これで雨も安心です。

IMG_1590+1.jpg
水飲み場、近くの用水路からホースで引いています。

IMG_1588+1.jpg
放牧場内にいるはずのユキファミリー
どうやら堤防から降りることを覚えたようです。河原まで降りて堤防階段を上がったのでしょう。道路に出なければ良しとします。

IMG_1592+1.jpg

IMG_1593+1.jpg
屯所鶏舎
ようやく鶏舎もできました。いままでトイレに閉じ込めていた烏骨鶏16羽と、広場の軍鶏4羽を入れました。

IMG_1595+1.jpg
軍鶏は一緒にしないほうがいいと言われましたが、敢えて入れてみました。喧嘩もせず大丈夫そう? ヤギっ子も鶏さんも増えて賑やかです。
八岳地域づくり協議会の総会 [2019年04月19日(Fri)]
昨年度の事業や決算、今年度事業や予算・・・無事に終了です。
IMG_1618+1.jpg

IMG_1619+1.jpg
ようやく会計から解放されました。

IMG_1604+1.jpg

IMG_1617+1.jpg
甘えっこタシ、小さく生まれて心配でしたがもう大丈夫でしょう。

IMG_1607+1.jpg
技研ヤギ舎、それぞれのねぐらが決まったようです。

IMG_1596+1.jpg
下り山の山櫻の里、鹿害もなく花もついています。
スカイランタン [2019年04月21日(Sun)]
韓国の歴史ドラマに「風灯」が登場することがあります。熱気球の小さいのと思っていいと思います。祭りなどで願いを込めて色とりどりの風灯を打ち上げます。これをなんとか現代でもできないかな〜と前々から思っていました。ろうそくの火を灯して打ち上げっぱなしですから、火災の心配とゴミ問題で許可されないでしょう。

現代でもできるものがありました。スカイランタンin南伊豆に申し込んで行ってきました。
IMG_1627+1.jpg
弓ヶ浜の近く青野川河川敷公園

IMG_1630+1.jpg

IMG_1629+1.jpg
1500円を払って渡されたランタン。ヘリウムガス充填の風船の中に電池式のLED電球、和紙で囲み20mくらいのタコ糸を付けてあり、重石のペットボトルにつながっています。

IMG_1634+1.jpg
スタッフの合図で一斉に打ち上げ

IMG_1648+1.jpg

IMG_1652+1.jpg
幻想的でなにより静かなイベントでいいですねぇ。