• もっと見る

平成森鮮組 大見じねんファーム 大ボラ会

 「貴僧坊」・・・「きそうぼう」と読みます。伊豆のど真ん中、100人に満たない小さな寒村です。 40数年ぶりに帰村した貴僧坊は多くの社会的困難な課題を抱えています。
 NPO伊東里山クラブに入会、さらに平成森鮮組を結成して里山・里地の整備を進めています。「貴僧坊ECOファーム」「大見じねんファーム」を立ち上げ自然農法に挑戦していきます。里山・里地の整備で派生する資材を農業に利用し、竹尽くし農法(竹取物語)や炭素循環農法を実践しています。
         
           NPO伊東里山クラブ 貴僧坊ECOファーム長 
             一般社団法人平成森鮮組平成森鮮組 代表理事 
               大ボラ会事務局長         山下 隆(洋平太)

         連絡先 伊豆市貴僧坊67   メールアドレス yoheita0609@yahoo.co.jp


平ボラ会15;車に気を付けて、県道12号両サイド回収 [2024年05月15日(Wed)]
冷川から伊東に抜ける県道12号、続く112号線沿いのゴミ回収を続けています。ここを通るたびに回収済みの沿線にゴミが散乱しているのに気づきます。ゴミの無い道ならポイ捨ても躊躇するとの思いは届かないようです。私どもの活動は無駄なのか?と考えてしまいます。
しかし、このゴミをそのままにしておけばやがては海に入り、マイクロ変化してしまう。拾い続けましょう!
SDJU7341.jpg

BHCK4067.jpg
奥野トンネル近くの集合場所から、冷川方向に県道12号沿線沿いを拾います。車が多いので横断せずに30分下りUターンして戻るようにしました。

IMG_7759+1.jpg
先日の大雨で側溝にゴミが流れ込んでいます。

KQUH8292.jpg

AHZA6430.jpg
まだ新しい銘柄ですね。

YAYF9659.jpg
こちらはうん十年前の缶飲料、大地を汚染せず朽ちるでしょうか? 

EMSH9436.jpg
事故でもあったのかしら? それとも花を愛でる人が平気でポイ捨てでしょうか? ポイ捨て人の声が聴きたい。

IMG_7762+1.jpg
ゴミが無ければ自慢できる渓流ですが、戻りの沢沿いに大量のゴミ発見、次回の大ホラで回収します。

IMG_E7763+1.jpg
伊豆日日記者の体験レポート
多くの方に里山のゴミ現況を現況を伝えて欲しいいものです。