CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

平成森鮮組 大見じねんファーム 大ボラ会

 「貴僧坊」・・・「きそうぼう」と読みます。伊豆のど真ん中、100人に満たない小さな寒村です。 40数年ぶりに帰村した貴僧坊は多くの社会的困難な課題を抱えています。
 NPO伊東里山クラブに入会、さらに平成森鮮組を結成して里山・里地の整備を進めています。「貴僧坊ECOファーム」「大見じねんファーム」を立ち上げ自然農法に挑戦していきます。里山・里地の整備で派生する資材を農業に利用し、竹尽くし農法(竹取物語)や炭素循環農法を実践しています。
         
           NPO伊東里山クラブ 貴僧坊ECOファーム長 
             一般社団法人平成森鮮組平成森鮮組 代表理事 
               大ボラ会事務局長         山下 隆(洋平太)

         連絡先 伊豆市貴僧坊67   メールアドレス yoheita0609@yahoo.co.jp


大ボラ会93;コロナ緊急事態宣言下の活動 [2021年09月04日(Sat)]
またまた長期にわたりサボっていました。三日坊主の癖は治りませんね。記録を残さないと忘れてしまう。写真を頼りに記してみます。
雨とコロナ禍で2か月連続で中止しました。緊急事態宣言下ではありますが、ワクチン接種済みメンバー限定で実施しました・
IMG_4109+1.jpg
撮影者の私を含めて6人で2か月ぶりの活動開始、ホーム大見川と近くの里山段野山の2班に分かれました。

IMG_4111+1.jpg
左に県道59号線が少し見えます。県道脇のブッシュの中にゴミが散乱しています。

IMG_4112+1.jpg
ゴミ捨て禁止の看板も倒されて?ゴミと一緒

IMG_4113+1.jpg
周辺をゴミ回収して看板を復活

IMG_4117+1.jpg
上に県道が覗いています。

IMG_4115+1.jpg
県道の下側斜面がゴミ捨て場になっていました。別班の写真が撮れませんでした。ご容赦。

IMG_4118+1.jpg

IMG_4119+1.jpg
集積場所に飛ばされないように積み上げ整理して終了です。月末には緊急事態宣言も解除されると思います。10月からは通常通りの活動ができるかなあ?
何回も引用していますが、足尾銅山の鉱毒を告発した田中正造翁の「真の文明は、山を荒らさず、川を荒らさず、村を破らず、人を殺さざるべし」山や川が荒れ、プラごみは海に入りマイクロ化、人の命が危ういといっても言い過ぎではないように思います。私たちは真の文明人足り得るでしょうか?