CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

平成森鮮組 大見じねんファーム 大ボラ会

 「貴僧坊」・・・「きそうぼう」と読みます。伊豆のど真ん中、100人に満たない小さな寒村です。 40数年ぶりに帰村した貴僧坊は多くの社会的困難な課題を抱えています。
 NPO伊東里山クラブに入会、さらに平成森鮮組を結成して里山・里地の整備を進めています。「貴僧坊ECOファーム」「大見じねんファーム」を立ち上げ自然農法に挑戦していきます。里山・里地の整備で派生する資材を農業に利用し、竹尽くし農法(竹取物語)や炭素循環農法を実践しています。
         
           NPO伊東里山クラブ 貴僧坊ECOファーム長 
             一般社団法人平成森鮮組平成森鮮組 代表理事 
               大ボラ会事務局長         山下 隆(洋平太)

         連絡先 伊豆市貴僧坊67   メールアドレス yoheita0609@yahoo.co.jp


舌刈り隊、第一次ミッションクリア [2021年05月15日(Sat)]
伊東駅に派遣したブーツ&ヨツバの舌刈り隊、任務完了です。一旦撤収します。
IMG_3830+1.jpg

IMG_3831+1.jpg
5日から10日間で除草完了
今回はお試しの実験でした。心配していた電車の音にもすぐに慣れたようです、鳴き声や臭いも問題ありませんでした。職員さんがこまめに世話してくれて体調も良さそうです。
このような取り組みに批判的な方もおられます。いろいろな考え方があって、心配してくださることは大変ありがたいと思っています。その声を真摯に受け止めて対応していきます。
私は彼らをペットと思ったことはありません。私の同志であり、森鮮組の隊士です。彼らの能力を借りて荒廃した中山間地の環境整備をしていくつもりです。当然ながら彼らの健康が第一優先されます。様子を観ながら隊士の交代、出入りや撤収をしていきます。
街中での除草実験は初めてのことで、私も毎早朝山越えして様子を観ています。なによりも職員の皆様が常時観てくれて、心配があればすぐに連絡してくれました。保健所さんからの指摘もあり、遮光はもう一工夫必要です。

IMG_3829+1.jpg
堂ノ下放牧場は大見川に接しています。堤防からの斜面にはウツギ類やらの雑木びっしり生えています。枯れないように少しづつ切って牧草を蒔きたいと思っています。切った枝葉はヤギさんたちの餌になります。

IMG_3837+1.jpg

IMG_3836+1.jpg
自然薯の畝に商品にならない芋を植えておきました。暖かくなったので芽が伸びてきました。掘り返して植え替えです。購入した種イモは、まだ芽が出ません。今年は川砂で栽培するつもりです。