CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

平成森鮮組 大見じねんファーム 大ボラ会

 「貴僧坊」・・・「きそうぼう」と読みます。伊豆のど真ん中、100人に満たない小さな寒村です。 40数年ぶりに帰村した貴僧坊は多くの社会的困難な課題を抱えています。
 NPO伊東里山クラブに入会、さらに平成森鮮組を結成して里山・里地の整備を進めています。「貴僧坊ECOファーム」「大見じねんファーム」を立ち上げ自然農法に挑戦していきます。里山・里地の整備で派生する資材を農業に利用し、竹尽くし農法(竹取物語)や炭素循環農法を実践しています。
         
           NPO伊東里山クラブ 貴僧坊ECOファーム長 
             平成森鮮組局長 
               大ボラ会事務局長         山下 隆(洋平太)

         連絡先 伊豆市貴僧坊67   メールアドレス yoheita0609@train.ocn.ne.jp


雨の中、水神社山葵の植え付け [2020年09月06日(Sun)]
例年9月の第一日曜日は、防災訓練とワサビ植え付けが行われます。折悪く雨が降ってきました。
災害は天気を待ってくれません。公民館に訓練避難してきた区民に、アルファー米を配布して訓練は終わってしまいました。その時の防災担当が決めることですが、果たしていいのかな〜? 1年限りの役員では継続性は図れません。
IMG_3203+1.jpg
訓練後、各班に分かれ草刈りや側溝浚い、わさび植え付け
氏子のワサビ栽培、どうかいつまでも続いてほしいものです。

IMG_3202+1.jpg
中野にある我が家のヒノキ、今年のクリフエッジプロジェクトに使いたいと依頼されました。伐採はいいのですが搬出が厄介です。

DSC00669+1.jpg
旧八岳小学校の跡地活用が決まらないので、協議会に検討部会を設置

DSC00668+1.jpg

DSC00665+1.jpg
テレワークセンターや空き家活用の移住促進、居場所・楠カフェなど検討しています。コロナ時代を迎え、都市から地方への流れを逃してはなりません。校庭の芝生化から始めることになりましたが急がないと間に合いませんね。八岳地域活性化の最後の機会だと思っています。