CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

平成森鮮組 大見じねんファーム 大ボラ会

 「貴僧坊」・・・「きそうぼう」と読みます。伊豆のど真ん中、100人に満たない小さな寒村です。 40数年ぶりに帰村した貴僧坊は多くの社会的困難な課題を抱えています。
 NPO伊東里山クラブに入会、さらに平成森鮮組を結成して里山・里地の整備を進めています。「貴僧坊ECOファーム」「大見じねんファーム」を立ち上げ自然農法に挑戦していきます。里山・里地の整備で派生する資材を農業に利用し、竹尽くし農法(竹取物語)や炭素循環農法を実践しています。
         
           NPO伊東里山クラブ 貴僧坊ECOファーム長 
             平成森鮮組局長 
               大ボラ会事務局長         山下 隆(洋平太)

         連絡先 伊豆市貴僧坊67   メールアドレス yoheita0609@train.ocn.ne.jp


新鮮組奮戦記15;竹林掃討戦&蜂退治 [2017年09月08日(Fri)]
筏場の竹林間伐を今週で終わりにします。
DSC06380+1.jpg

DSC06383+1.jpg

DSC06396+1.jpg

DSC06389+1.jpg
伐倒した竹にスズメバチの巣
隊士は倒す途中で気づき、すぐに退避したので無事でした。軒下や低木にあるのはよく見ますが、竹の枝は初めて見ます。自然界では適していればどこでも作るのでしょう。

DSC06391+1.jpg
合羽と網帽子で重装備、バズーカで薬剤を飛ばす
バズーカなる殺虫剤は優れものですが、すぐに無くなってしまう。一回が限度です。

DSC06394+1.jpg
こんなのが5・6段、直径は20センチ以上
中心に近いものは巣立ち寸前、周辺はまだ蛆虫状態。まるまる太った幼虫です。旨そう・・・薬剤を掛けなければ食べれるのですが諦めましょう。

DSC06398+1.jpg
頂上が見えてきました。アナログ時代のテレビアンテナ塔残骸が残っています。竿は鋼管4mものでしっかりしています。竹を足して旗竿にでもしますか? 頂上は割と平坦、山櫻を植えてサクラの山にしたいですね。
| 次へ