CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

平成森鮮組 大見じねんファーム 大ボラ会

 「貴僧坊」・・・「きそうぼう」と読みます。伊豆のど真ん中、100人に満たない小さな寒村です。 40数年ぶりに帰村した貴僧坊は多くの社会的困難な課題を抱えています。
 NPO伊東里山クラブに入会、さらに平成森鮮組を結成して里山・里地の整備を進めています。「貴僧坊ECOファーム」「大見じねんファーム」を立ち上げ自然農法に挑戦していきます。里山・里地の整備で派生する資材を農業に利用し、竹尽くし農法(竹取物語)や炭素循環農法を実践しています。
         
           NPO伊東里山クラブ 貴僧坊ECOファーム長 
             平成森鮮組局長 
               大ボラ会事務局長         山下 隆(洋平太)

         連絡先 伊豆市貴僧坊67   メールアドレス yoheita0609@train.ocn.ne.jp


防災訓練と宮沢山葵植え [2017年09月03日(Sun)]
貴僧坊の防災訓練です。
DSC06375+1.jpg
老若男女51名が公民館に集合
新たに防災班を設定、7;30から防災班長が各戸を回り安否確認訓練。足の不自由な老人の非難をどうするか課題が残ります。8;30の集合から放水訓練と炊き出し訓練を実施。

DSC06347+1.jpg

IMG_1998+1.jpg
ポリ袋炊飯;米一合にカットワカメや乾燥ヒジキを入れ水220tを加え浸漬してワカメご飯を作ります。右上の安心米は市から支給されたアルファー化米。ワカメご飯と食べ比べてみます。

IMG_1967+1.jpg
竈を改造したロケットコンロに大鍋を掛けてお湯を沸かして30分

DSC06370+1.jpg
一口サイズのおにぎりに

DSC06353+1.jpg

DSC06356+1.jpg
消化器訓練
放水を的に当てる訓練が一般的ですが、実際に火を燃やして煙や熱を感じながら消化します。

DSC06364+1.jpg
可搬ポンプ放水訓練
いざという時、訓練の経験が役に立つはずです。


IMG_1990+1.jpg
訓練終了後は神社宮沢の山葵を氏子全員で植え付け
| 次へ