CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

平成森鮮組 大見じねんファーム 大ボラ会

 「貴僧坊」・・・「きそうぼう」と読みます。伊豆のど真ん中、100人に満たない小さな寒村です。 40数年ぶりに帰村した貴僧坊は多くの社会的困難な課題を抱えています。
 NPO伊東里山クラブに入会、さらに平成森鮮組を結成して里山・里地の整備を進めています。「貴僧坊ECOファーム」「大見じねんファーム」を立ち上げ自然農法に挑戦していきます。里山・里地の整備で派生する資材を農業に利用し、竹尽くし農法(竹取物語)や炭素循環農法を実践しています。
         
           NPO伊東里山クラブ 貴僧坊ECOファーム長 
             平成森鮮組局長 
               大ボラ会事務局長         山下 隆(洋平太)

         連絡先 伊豆市貴僧坊67   メールアドレス yoheita0609@train.ocn.ne.jp


森鮮組奮戦記12;竹林掃討、やはり正面から [2017年08月26日(Sat)]
前回攻め口を変えてみましたが、総司隊士が参戦できず中途半端な仕上がりでした。総司をもう一段上げて粉砕機基地を設営しました。
DSC06282+1.jpg

DSC06299+1.jpg
朝一に5人で慎重に斜面を登らせ、無事に基地まで上げました。平坦で頂上も近いので伐倒した竹の先をここに運んで粉砕します。

DSC06297+1.jpg

DSC06294+1.jpg

DSC06292+1.jpg
今日は2班体制で作業しています。ここは粉砕機が使えず現場の棚に積み込んでいますが、スズメバチに邪魔され捗りません。蜂スプレーで追い払っても巣を退治できなければ解決せず弱りました。
今はスプレーも良くなっていますね。バズーカなる商品で10m以上も飛びますが、すぐに無くなってしまいます。

DSC06301+1.jpg
良い仕上がりです。上部の竹も前倒しして粉砕処理していきます。

DSC06309+1.jpg
草茫々のじねんファームにカボチャが実りました。とても食べきれないのでウサ公達の餌にしています。大きいのが”万次郎”、上の小さいのが”バターナッツ”と”?”。どういう訳か万次郎に群がって食べています。
草で確認できませんがまだ大量にあるはず・・・さてどうしたものか?
| 次へ