CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

平成森鮮組 大見じねんファーム 大ボラ会

 「貴僧坊」・・・「きそうぼう」と読みます。伊豆のど真ん中、100人に満たない小さな寒村です。 40数年ぶりに帰村した貴僧坊は多くの社会的困難な課題を抱えています。
 NPO伊東里山クラブに入会、さらに平成森鮮組を結成して里山・里地の整備を進めています。「貴僧坊ECOファーム」「大見じねんファーム」を立ち上げ自然農法に挑戦していきます。里山・里地の整備で派生する資材を農業に利用し、竹尽くし農法(竹取物語)や炭素循環農法を実践しています。
         
           NPO伊東里山クラブ 貴僧坊ECOファーム長 
             平成森鮮組局長 
               大ボラ会事務局長         山下 隆(洋平太)

         連絡先 伊豆市貴僧坊67   メールアドレス yoheita0609@train.ocn.ne.jp


ガガイモは嫌い? [2020年09月09日(Wed)]
原保の実験場にはブーツとヨツバを9/5から駐屯させていました。6日の大雨と雷で「鳴き声がうるさい」と通報がありいったん引き揚げ、今日から再出動です。
IMG_3212+1.jpg
駐屯小屋を奥に移動、日よけに芦を張りました。これで様子をみてもらいましょう。

IMG_3213+1.jpg
この実験場はガガイモが一面にはびこっています。

IMG_3218+1.jpg
ガガイモの花、茎を折ると白い樹液が出てきます。気になっていましたがやはり食いつきがよくありません。乾燥したらどうかと半分刈り払いしてみました。ツル性のガガイモは、刃に絡みつき切るのも厄介です。

IMG_3216+1.jpg
真ん中はチカラシバ、イネ科の仲間でしょうか?よく食べてくれます。

IMG_3214+1.jpg
H君のヤギは「ナナ」と名づけられました。飼育小屋が完成するまで屯所の訓練所に住んでいます。恋の季節でチャチャが近寄っては思いを伝えています。

IMG_3208+1.jpg
チャチャは回復しつつあります。獣医さんが投与してくれた駆虫剤が効いたのでしょう。まだ皮膚がガサガサで斑点だらけですが、危機は乗り越えたようです。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント