CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

平成森鮮組 大見じねんファーム 大ボラ会

 「貴僧坊」・・・「きそうぼう」と読みます。伊豆のど真ん中、100人に満たない小さな寒村です。 40数年ぶりに帰村した貴僧坊は多くの社会的困難な課題を抱えています。
 NPO伊東里山クラブに入会、さらに平成森鮮組を結成して里山・里地の整備を進めています。「貴僧坊ECOファーム」「大見じねんファーム」を立ち上げ自然農法に挑戦していきます。里山・里地の整備で派生する資材を農業に利用し、竹尽くし農法(竹取物語)や炭素循環農法を実践しています。
         
           NPO伊東里山クラブ 貴僧坊ECOファーム長 
             平成森鮮組局長 
               大ボラ会事務局長         山下 隆(洋平太)

         連絡先 伊豆市貴僧坊67   メールアドレス yoheita0609@train.ocn.ne.jp


ファームの田植え [2020年06月13日(Sat)]
じねんファームの田植えです。
IMG_3066+1.jpg

IMG_3065+1.jpg
乾田にして穴を開け、2本くらいの苗を手指しで植えていきます。伊東は池の湿田の植え方をまねています。できるだけ手間をかけないで作りたい・・・要はいい加減です。基本的には冬期湛水不耕起栽培のつもりですが、ヤギを放牧していたのでホンダのサラダで軽く耕起しました。今年は秋以後も水を張って湛水しておきます。

IMG_3064+1.jpg

DSC00579+1.jpg
植えた後はすぐに水を入れ、活着を待ちます。

DSC00578+1.jpg
茅ヶ崎レデイーズから頂いた古代米、赤米・緑米・黒米の苗場です。失敗したと思っていたのですが、苗になってくれました。古代米の力でしょうか? これも一条づつ植えました

DSC00582+1.jpg

DSC00583+1.jpg
道路側からマコモ、うるち米、モチ米、3色の古代米とてんこ盛りの田んぼになりました。ようやく田植えが終わりました。周辺の田より一か月半遅いですね。これから草取りで大変ですが一安堵です。

IMG_3069+1.jpg
しばしの休憩・・・援農に駆けつけてくれた皆さんに感謝
屯所の再活用を考えています。ふれあい広場と竹取物語展示場を再構築するつもりです。

DSC00581+1.jpg
すぐ近くの電信柱にカラスの巣がありました。雛もいるようです。

IMG_3060+1.jpg
ジュニアはニーナにべったりくっついています。母のリリーやゴンチに似ているからでしょうか?
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント