CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

平成森鮮組 大見じねんファーム 大ボラ会

 「貴僧坊」・・・「きそうぼう」と読みます。伊豆のど真ん中、100人に満たない小さな寒村です。 40数年ぶりに帰村した貴僧坊は多くの社会的困難な課題を抱えています。
 NPO伊東里山クラブに入会、さらに平成森鮮組を結成して里山・里地の整備を進めています。「貴僧坊ECOファーム」「大見じねんファーム」を立ち上げ自然農法に挑戦していきます。里山・里地の整備で派生する資材を農業に利用し、竹尽くし農法(竹取物語)や炭素循環農法を実践しています。
         
           NPO伊東里山クラブ 貴僧坊ECOファーム長 
             平成森鮮組局長 
               大ボラ会事務局長         山下 隆(洋平太)

         連絡先 伊豆市貴僧坊67   メールアドレス yoheita0609@train.ocn.ne.jp


森鮮組出動記1・2;菅引七尋石丸太橋 [2020年06月02日(Tue)]
今期の初出動です。
6/1、昨日は雨でしたが午前中だけ作業しました。
DSC00490+1.jpg
昨秋の台風で流された丸木橋の復旧工事です。

DSC00487+1.jpg

DSC00489+1.jpg
流された橋の片付け
中央に単管の橋桁を立てたのが失敗でした。丸太の長さが届く場所を選定し、橋桁なしで架橋します。

DSC00493+1.jpg
なんとか丸太を2本架けることができました。雨のため中止。

6/2、今日は・・・
DSC00514+1.jpg

DSC00495+1.jpg

DSC00512+1.jpg
踏板を打ち、竹で手すりを付けて形が出来てきました。

DSC00500+1.jpg
散策路の新竹除伐

DSC00504+1.jpg
残す竹はうら止め

DSC00505+1.jpg

DSC00506+1.jpg
何回か揺すって止めると先のほうが折れて落ちます。こうすると先のない、雨や雪に強い竹になります。時には頭に直撃するのでヘルメットは必ず着用します。春先の筍の時期が良いのですが、コロナ禍で遅れてしまいました。流失防止のワイヤーを付けたり橋前後を歩きやすくしたりと、もう一日かけます。
この作業は八岳地域づくり協議会からの仕事で、今期は林野庁の森林山村事業はありません。6年間続けましたが、3年ごとに計画策定するので4年目が駄目になったのが撤退の大きな理由です。正直なところ、年ごとに変わっていくので付いていけません。地主さんに約束した3年目の竹林がありますが、なんとかやらないと・・・。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント