CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

平成森鮮組 大見じねんファーム 大ボラ会

 「貴僧坊」・・・「きそうぼう」と読みます。伊豆のど真ん中、100人に満たない小さな寒村です。 40数年ぶりに帰村した貴僧坊は多くの社会的困難な課題を抱えています。
 NPO伊東里山クラブに入会、さらに平成森鮮組を結成して里山・里地の整備を進めています。「貴僧坊ECOファーム」「大見じねんファーム」を立ち上げ自然農法に挑戦していきます。里山・里地の整備で派生する資材を農業に利用し、竹尽くし農法(竹取物語)や炭素循環農法を実践しています。
         
           NPO伊東里山クラブ 貴僧坊ECOファーム長 
             平成森鮮組局長 
               大ボラ会事務局長         山下 隆(洋平太)

         連絡先 伊豆市貴僧坊67   メールアドレス yoheita0609@train.ocn.ne.jp


ヤングママの集い [2020年04月01日(Wed)]
ママさんたちがカプリコーンにやってきた・・・
IMG_2853+1.jpg
あいにくの天気でしたが八家族の皆様で食事会です。集会が憚れる時期ですが、中伊豆地区の方ばかりで心配はないと判断しました。カプリコーンはこういう使い方をして頂いて、交流を深める施設です。好評だったようで、皆さんがサポーター登録してくれました。今後も気兼ねなく利用してください。

IMG_2855+1.jpg

IMG_2857+1.jpg
温室トマト圃場の準備を進めています。ミニトマトの種まきです。苗に育ててから植え替えます。この圃場のカブトムシ幼虫の密度が凄い。竹チップがよほど好きなのでしょうか? 廻りに林があるわけでもなく、いつの間にか飛来して産卵したのだと思います。無事に孵化してくれるといいのですが、多すぎると影響あるのかなあ? トマトへの食害はあるのかなあ? マァやってみなければ分かりません。カブトムシを売るつもりはありません。プラスチックの飼育箱でなく、竹筒で飼育容器を作り竹チップとともに買っていただきます。カブトムシ狩りもやってみたいですね。

IMG_2873+1.jpg

IMG_2874+1.jpg
温室のあるエコファームに竹の子が出てきました。放牧場にしてあるのでヤギさんの餌です。ヤギっ子達をしばらく技研放牧場に移し、家で食べる分を確保しました。今年は生り年でしょうか、次々に生えてきます。小さな竹林ですが、ヤギがどの程度食べ竹林の維持に有効かどうか検証しています。

IMG_2872+1.jpg
クーは屯所でサクラと暮らしていますが、元気がなく心配です。もともと大人しい子ですが、ミルクと離れて寂しいのでしょうね。

IMG_2877+1.jpg
新窯を据付けています。空焚きしてみました。煙突の具合や周りへの延焼などの検証です。ファームヤギ舎の中なので延焼の心配が消えません。以前はドラム缶窯で小型でしたが、新窯は大きく、かなり高熱になると思われます。周囲を土で固めて様子をみます。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント