CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

平成森鮮組 大見じねんファーム 大ボラ会

 「貴僧坊」・・・「きそうぼう」と読みます。伊豆のど真ん中、100人に満たない小さな寒村です。 40数年ぶりに帰村した貴僧坊は多くの社会的困難な課題を抱えています。
 NPO伊東里山クラブに入会、さらに平成森鮮組を結成して里山・里地の整備を進めています。「貴僧坊ECOファーム」「大見じねんファーム」を立ち上げ自然農法に挑戦していきます。里山・里地の整備で派生する資材を農業に利用し、竹尽くし農法(竹取物語)や炭素循環農法を実践しています。
         
           NPO伊東里山クラブ 貴僧坊ECOファーム長 
             平成森鮮組局長 
               大ボラ会事務局長         山下 隆(洋平太)

         連絡先 伊豆市貴僧坊67   メールアドレス yoheita0609@train.ocn.ne.jp


初釜 [2020年04月12日(Sun)]
新しい炭焼き釜の据付もほぼ終了、いよいよ初釜です。
IMG_2878+1.jpg
森鮮組の薪割り機をフル回転して在庫のクヌギを割っていきます。

IMG_2880+1.jpg
釜に炭材投入

IMG_2882+1.jpg
焚口から点火

IMG_2881+1.jpg

IMG_2883+1.jpg
釜本体の自燃焼まで、小一時間焚口で燃やし続けます。

IMG_2884+1.jpg
焚口を閉め、煙突からの煙を見ながら吸気を調整していきます。一昼夜燃やし続けて、煙が透明になれば炊き上がり。

IMG_2885+1.jpg
煙突下部から木酢液がポトリポトリ
炭だけでなく、この液の採取が目的の一つです。カプリの燃料としてだけでなく農業に利用します。

IMG_2886+1.jpg
川向いの田んぼの代掻き
シラサギが逃げもせず、機会を追いかけ追いかけ餌を啄んでいます。この時期だとミミズでしょうか?
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント