CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

平成森鮮組 大見じねんファーム 大ボラ会

 「貴僧坊」・・・「きそうぼう」と読みます。伊豆のど真ん中、100人に満たない小さな寒村です。 40数年ぶりに帰村した貴僧坊は多くの社会的困難な課題を抱えています。
 NPO伊東里山クラブに入会、さらに平成森鮮組を結成して里山・里地の整備を進めています。「貴僧坊ECOファーム」「大見じねんファーム」を立ち上げ自然農法に挑戦していきます。里山・里地の整備で派生する資材を農業に利用し、竹尽くし農法(竹取物語)や炭素循環農法を実践しています。
         
           NPO伊東里山クラブ 貴僧坊ECOファーム長 
             平成森鮮組局長 
               大ボラ会事務局長         山下 隆(洋平太)

         連絡先 伊豆市貴僧坊67   メールアドレス yoheita0609@train.ocn.ne.jp


祈年祭 [2020年02月09日(Sun)]
神社の祭りは稲作に起因します。農耕が生活の全てであった時代、豊作を祈ることは国家安泰、国民の繁栄を祈ることと同じことでした。素朴な信仰が国体維持に利用された歴史もありますが、ここは素直に今年の豊作を祈ることにしましょう。
IMG_2724+1.jpg
寒い日でした。枝に凍った水滴が朝日を反射して輝いています。

IMG_2727 (1)+1.jpg

IMG_2728 (1)+1.jpg
禰宜長なので供物も気が抜けません。またもや注連縄に苦労しました。どうにもうまくできません。

IMG_2729 (1)+1.jpg
公民館の直会
最近は行儀がよくなり2時間をめどにお開きになります。吞兵衛はこれでは済みません。今日は寒かったので、囲炉裏でなくカプリのホールを開放して飲み会を続けました。たまにはいいでしょう。稲作は日曜百姓になり、農耕に関係ない人も多くなりました。昔からの祭りがこうして残っていることに日本人の不思議さを感じます。

IMG_2725+1.jpg
クーとミルクを散歩に連れてってもらいました。おとなしい子たちなのでお子さんでも大丈夫。

2/6・・
IMG_2720+1.jpg
生活支援員の研修に静岡まで出向きました。具体的な経験談の研修で大いに触発されてきました。対象者との距離の取り方がまだよく分かりませんが、続けながら分かってくるでしょう。

IMG_2718+1.jpg

IMG_2716+1.jpg
早めに行ったので駿府公園を散策してきました。

IMG_2719+1.jpg
河津桜はすでに満開です。たまにはこんなゆったりとした過ごし方もいいものですね。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント