CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

平成森鮮組 大見じねんファーム 大ボラ会

 「貴僧坊」・・・「きそうぼう」と読みます。伊豆のど真ん中、100人に満たない小さな寒村です。 40数年ぶりに帰村した貴僧坊は多くの社会的困難な課題を抱えています。
 NPO伊東里山クラブに入会、さらに平成森鮮組を結成して里山・里地の整備を進めています。「貴僧坊ECOファーム」「大見じねんファーム」を立ち上げ自然農法に挑戦していきます。里山・里地の整備で派生する資材を農業に利用し、竹尽くし農法(竹取物語)や炭素循環農法を実践しています。
         
           NPO伊東里山クラブ 貴僧坊ECOファーム長 
             平成森鮮組局長 
               大ボラ会事務局長         山下 隆(洋平太)

         連絡先 伊豆市貴僧坊67   メールアドレス yoheita0609@train.ocn.ne.jp


スズさん、ユキさん相次いで出産! [2019年12月19日(Thu)]
一昨日、ヤギっ子が・・・
IMG_2547+1.jpg
最初はユキさんの出産と思ったのですがお腹は大きいままです。しかも写真のようにユキさんが寄り添っていますが、なんとスズさんの子供でした。

IMG_2550+1.jpg

IMG_2548+1.jpg
オスとメスの2頭です。

IMG_2557+1.jpg

IMG_2555+1.jpg
一日置いて今度はユキさんが出産、3頭ともにオスでした。毛並みから親は多分ツバサでしょう。夏に技研放牧場から脱走、広場に隔離しても屋根を伝い降りてメスに近づいた奴です。ユキさんはまだしもスズさんまでも・・・種の保存は本能といえども、なんとも早業のツバサです。
このところの暖冬で助かります。一か月すれば大丈夫でしょう。

IMG_2554+1.jpg
昨日の水曜日は居場所「ここ居てい」ですがローソンさんの移動販売だけで終わってしまいます。なんとかしないと・・・。

IMG_2545+1.jpg
丸野山の紅葉、主にクヌギの黄色に染まっています。伊豆のこのような景色を「モザイク林」と表現しているようです。シイタケ栽培のおかげで、全山が人工林に覆われることはなかったのでしょう。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント