CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

平成森鮮組 大見じねんファーム 大ボラ会

 「貴僧坊」・・・「きそうぼう」と読みます。伊豆のど真ん中、100人に満たない小さな寒村です。 40数年ぶりに帰村した貴僧坊は多くの社会的困難な課題を抱えています。
 NPO伊東里山クラブに入会、さらに平成森鮮組を結成して里山・里地の整備を進めています。「貴僧坊ECOファーム」「大見じねんファーム」を立ち上げ自然農法に挑戦していきます。里山・里地の整備で派生する資材を農業に利用し、竹尽くし農法(竹取物語)や炭素循環農法を実践しています。
         
           NPO伊東里山クラブ 貴僧坊ECOファーム長 
             平成森鮮組局長 
               大ボラ会事務局長         山下 隆(洋平太)

         連絡先 伊豆市貴僧坊67   メールアドレス yoheita0609@train.ocn.ne.jp


台風一過、酷暑の復旧作業 [2019年09月09日(Mon)]
台風15号は昨晩から未明にかけて伊豆半島沖を北上、猛烈な風雨台風が3時ごろまで続きました。
IMG_2167+1.jpg

IMG_2168+1.jpg
姫之湯バス停小屋は裏返しにがく〜(落胆した顔)


IMG_2165+1.jpg

IMG_2166+1.jpg
早朝から周辺を見回り・・・木々が倒れ道路は枝葉が散乱していますが、家屋の被害もなくこの程度で済んで幸いでした。放牧場のフェンスは軒並み倒れていました。ヤギっ子たちは柵外に出てうれしそう・・周りは収穫前の稲というごちそうがいっぱい。台風置き土産の炎天下で復旧作業です。

IMG_2169+1.jpg

IMG_2171+1.jpg
小倉用水はそこかしこでゴミが詰まって溢れていました。側溝が狭くまた深く、掻き出しに苦労します。

IMG_2173+1.jpg
夕方には水量も通常の流れに・・森林保水力弱化が分かります。
ここは昨年河川の浚渫工事で堆積した土砂を撤去したところです。予算の関係でしょうか、中途の葦原でやめていて、一年もたたずに元の黙阿弥。多額の税金を使ったはず、氾濫の心配もないと思うのですが、何のための工事だったのでしょう。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント