CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

平成森鮮組 大見じねんファーム 大ボラ会

 「貴僧坊」・・・「きそうぼう」と読みます。伊豆のど真ん中、100人に満たない小さな寒村です。 40数年ぶりに帰村した貴僧坊は多くの社会的困難な課題を抱えています。
 NPO伊東里山クラブに入会、さらに平成森鮮組を結成して里山・里地の整備を進めています。「貴僧坊ECOファーム」「大見じねんファーム」を立ち上げ自然農法に挑戦していきます。里山・里地の整備で派生する資材を農業に利用し、竹尽くし農法(竹取物語)や炭素循環農法を実践しています。
         
           NPO伊東里山クラブ 貴僧坊ECOファーム長 
             平成森鮮組局長 
               大ボラ会事務局長         山下 隆(洋平太)

         連絡先 伊豆市貴僧坊67   メールアドレス yoheita0609@train.ocn.ne.jp


我が家のお茶摘み、カプリ農場を模索 [2019年05月09日(Thu)]
連休中にカプリコーンのお客様とお茶摘みを予定していましたが、姫之湯製茶工場が稼働できずに今日になりました。
IMG_1704+1.jpg
今年は超の不出来で、芽が伸びていません。春先寒い時期がありましたがひどい状態です。例年の半分あるでしょうか? 年々気候がおかしくなってきています。
御年92歳の母です。今年で終わりと言いながらも毎年積んでいます。ここの大畑農場をカプリコーン専用農場にするつもりです。

IMG_1703+1.jpg
気になったのが畝間にびっしり敷き詰めた肥料袋・・・すでにボロボロになっていたり、その上からさらに被せたりとひどいものです。雑草防止でしょうがこれはまずい。カプリ農場にふさわしい状態にしなければ。静岡の茶草場工法をまねてみましょう。

連休中は・・・
IMG_1693+1.jpg

IMG_1692+1.jpg
カプリコーン泊りの皆さんで、茶摘みの代わりに芋苗の植え付け

IMG_1694+1.jpg

IMG_1690+1.jpg

IMG_1686+1.jpg
多くの子供たちが遊びに来てくれました。早く動物取扱業を取らないとまずいですね。業を取るためには動物取扱責任者が必要でその資格がありません。今年はとらないと・・・ヤレヤレもうやだ〜(悲しい顔)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント