CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

平成森鮮組 大見じねんファーム 大ボラ会

 「貴僧坊」・・・「きそうぼう」と読みます。伊豆のど真ん中、100人に満たない小さな寒村です。 40数年ぶりに帰村した貴僧坊は多くの社会的困難な課題を抱えています。
 NPO伊東里山クラブに入会、さらに平成森鮮組を結成して里山・里地の整備を進めています。「貴僧坊ECOファーム」「大見じねんファーム」を立ち上げ自然農法に挑戦していきます。里山・里地の整備で派生する資材を農業に利用し、竹尽くし農法(竹取物語)や炭素循環農法を実践しています。
         
           NPO伊東里山クラブ 貴僧坊ECOファーム長 
             平成森鮮組局長 
               大ボラ会事務局長         山下 隆(洋平太)

         連絡先 伊豆市貴僧坊67   メールアドレス yoheita0609@train.ocn.ne.jp


大ボラ会62;尽きぬ不法投棄ゴミ [2019年02月02日(Sat)]
寒い朝でした。先日の雪と霜で天城山はうっすらと白化粧。
IMG_1349+1.jpg

冬場はヤギ子たちの餌アオキを求めて、あちこちに行きます。軽トラで行くので、当然に道路沿になります。アオキは日陰の竹林や人工林の間、そして沢沿いに多くあります。そんな場所は不法投棄の輩にも好都合のようで、ゴミが散乱しています。
IMG_1350+1.jpg

IMG_1352+1.jpg
柳瀬の馬場沢に入りました。小さな沢と林道の傾斜地が投棄場になっていました。

IMG_1354+1.jpg

IMG_1372+1.jpg
堤防完備の沢ですが、手が入らず倒木やら木々やらで藪状態。こうなると、どこからが堤防なのか分かりません。数年前に堤防から落下して亡くなった方もいました。安全を担保する堤防が危険な崖となる・・・なんともならない中山間地里山の現実です。

IMG_1373+1.jpg

IMG_1374+1.jpg
古いゴミが多かったので新たな投棄はないのだと思いますが、放っておけばやがては海に流れ込みます。諦めることなく愚直に続けていきます。

IMG_1378+1.jpg
午後からは、ミシマサイコの講演会に行って来ました。今回はサイコの活用法がテーマでした。講演者の多田さんから、亡き飯田哲司君の名が出て驚きました。

IMG_1382+1.jpg
このクッキーに哲司君提供のワサビ味が入っています。改めて惜しい人材を亡くしたものです。伊豆半島の土壌と水で良質の薬草ミシマサイコが育つそうです。正にジオの贈り物。ワサビと組み合わせると面白うそうです。その大きな可能性に発奮して、協議会で取り組んでみたいと思っています。

IMG_1376+1.jpg
積んだ網の間に産卵。どこで産むのか分かりませんが、寒いのによく産んでくれます。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント