CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

平成森鮮組 大見じねんファーム 大ボラ会

 「貴僧坊」・・・「きそうぼう」と読みます。伊豆のど真ん中、100人に満たない小さな寒村です。 40数年ぶりに帰村した貴僧坊は多くの社会的困難な課題を抱えています。
 NPO伊東里山クラブに入会、さらに平成森鮮組を結成して里山・里地の整備を進めています。「貴僧坊ECOファーム」「大見じねんファーム」を立ち上げ自然農法に挑戦していきます。里山・里地の整備で派生する資材を農業に利用し、竹尽くし農法(竹取物語)や炭素循環農法を実践しています。
         
           NPO伊東里山クラブ 貴僧坊ECOファーム長 
             平成森鮮組局長 
               大ボラ会事務局長         山下 隆(洋平太)

         連絡先 伊豆市貴僧坊67   メールアドレス yoheita0609@train.ocn.ne.jp


貴僧坊区の仕事始めは山見から [2018年04月08日(Sun)]
今年は4月から区長を仰せつかっています。私には区という組織がよく理解できません。その私が区長を拝命するという、なんとも皮肉ですが選ばれた以上は仕方ありません。
行政区としての区、財産区の山林部、信教の水神社がゴッチャになって運営されています。小所帯が故の便法なのでしょうが釈然としません。
その不可思議な区の仕事始めは山見からです。
IMG_0461+1.jpg

IMG_0457+1.jpg
貴僧坊の持山はいずれも山奥の条件の悪いところばかり
何年も手入れしていないので荒れ放題ですね。蔓は人の腕の太さまで成長してヒノキを圧倒し先枯れ、モヤシ林とそこそこの太いヒノキやスギ・・・なんともなりません。それでも間伐した林の木々はよく成長しています。が、出しようがありません。小面積もあり、これでは誰も買ってくれません。

IMG_0458+1.jpg
こんな山奥にもゴミが散乱
奥山にゴルフ場ができてしまい、通路際はポイ捨ての絶好地ですか?

IMG_0471+1.jpg
大ボラの袋を持ち、山見しながら回収、たちまち4袋がいっぱい、がっかりもうやだ〜(悲しい顔)です。
午後からは区の引継ぎと慰労会・・・さてさてどんな一年になるのやら。

IMG_0472+1.jpg

IMG_0473+1.jpg
強風でハウスはひっくり返り、フェンスは傾き、なんと哀れなレンタル展示場
ヤギさんには耐えられたのに風にやられました。まだまだ改良が必要ですね〜。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント