CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

平成森鮮組 大見じねんファーム 大ボラ会

 「貴僧坊」・・・「きそうぼう」と読みます。伊豆のど真ん中、100人に満たない小さな寒村です。 40数年ぶりに帰村した貴僧坊は多くの社会的困難な課題を抱えています。
 NPO伊東里山クラブに入会、さらに平成森鮮組を結成して里山・里地の整備を進めています。「貴僧坊ECOファーム」「大見じねんファーム」を立ち上げ自然農法に挑戦していきます。里山・里地の整備で派生する資材を農業に利用し、竹尽くし農法(竹取物語)や炭素循環農法を実践しています。
         
           NPO伊東里山クラブ 貴僧坊ECOファーム長 
             平成森鮮組局長 
               大ボラ会事務局長         山下 隆(洋平太)

         連絡先 伊豆市貴僧坊67   メールアドレス yoheita0609@train.ocn.ne.jp


寂しくとも心温まるどんと焼き [2018年01月07日(Sun)]
貴僧坊は25軒、80数人の集落です。今は小学生がいないので子ども会がありません。例年子ども会がお飾りを集めどんと焼きをやっていましたが、ここ数年は実施されません。お飾りを持ち寄って焼いています。
IMG_0184+1.jpg
おんびはありませんがお飾りを積み上げ、今年の無事を祈り焼きました。

IMG_0187+1.jpg
残り火で団子を焼き、一年の健康を願い食べます。この2人は貴僧坊の希望の星、4月から小学生です。年々寂しくなりますが心温まるどんと焼きでした。
この会場、貴僧坊の公民館を整備して八岳西地区の交流拠点にしていくつもりです。

IMG_0190+1.jpg
来年度の森林山村整備林況調査
筏場と城から竹林の整備を依頼されました。この事業に乗り出してから4年、噂を聞いて依頼してきます。現状の森鮮組では少々無理かもしれませんが、態勢を整えて可能な限りやっていくつもりです。

IMG_0192+1.jpg

IMG_0195+1.jpg
調査竹林のすぐ近く、樹齢千年の椎の木
神々しいまでの古木を前に人は何を感じるのでしょう? 林道からの散策路がありません。協議会で整備したいと考えています。
今年は区長職を仰せつかっています。森鮮組、協議会、大ボラ、貴僧坊区・・・今年も忙しくなります。信念を崩さず、やれることを精一杯やっていきます。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント