CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

平成森鮮組 大見じねんファーム 大ボラ会

 「貴僧坊」・・・「きそうぼう」と読みます。伊豆のど真ん中、100人に満たない小さな寒村です。 40数年ぶりに帰村した貴僧坊は多くの社会的困難な課題を抱えています。
 NPO伊東里山クラブに入会、さらに平成森鮮組を結成して里山・里地の整備を進めています。「貴僧坊ECOファーム」「大見じねんファーム」を立ち上げ自然農法に挑戦していきます。里山・里地の整備で派生する資材を農業に利用し、竹尽くし農法(竹取物語)や炭素循環農法を実践しています。
         
           NPO伊東里山クラブ 貴僧坊ECOファーム長 
             平成森鮮組局長 
               大ボラ会事務局長         山下 隆(洋平太)

         連絡先 伊豆市貴僧坊67   メールアドレス yoheita0609@train.ocn.ne.jp


田んぼアート復活できるかな? [2017年06月29日(Thu)]
ここ一週間、田んぼと格闘しています。ほったらかしと水不足で草茫々、今年は諦めようかと思い始めていたところ、ご近所さんが心配してくれて苗を提供してくれました。
IMG_1621+1.jpg
八田郎の直播田

IMG_1659+1.jpg
草取りして再度森鮮組旗をイメージしながら条植え
直播の苗も結構残っていました。旗の内側は赤米ですが残っているので少しづつ分散して植えます。両サイドは悲惨な状態で草茫々、機械を入れて耕起、手前の1/4は諦めプールにしてあります。田んぼアート、復活できるでしょうか?

IMG_1618+1.jpg
耕地の直播田、再度耕起して条植えでやり直しました。

IMG_1653+1.jpg
レトロ草取り器
梅木組さんから借用、条間を押していくと刃が回転して草を掘り起こしてくれます。なかなかの優れもの、一昔は皆さんが使っていたのでしょう。

IMG_1650+1.jpg
助っ人カルガモ
毎日のように飛来、せっせと草取りしてくれています。

IMG_1655+1.jpg
一日中、八田郎で作業してました。チビさんたちも下小屋でモグモグと休憩。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント