CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

平成森鮮組 大見じねんファーム 大ボラ会

 「貴僧坊」・・・「きそうぼう」と読みます。伊豆のど真ん中、100人に満たない小さな寒村です。 40数年ぶりに帰村した貴僧坊は多くの社会的困難な課題を抱えています。
 NPO伊東里山クラブに入会、さらに平成森鮮組を結成して里山・里地の整備を進めています。「貴僧坊ECOファーム」「大見じねんファーム」を立ち上げ自然農法に挑戦していきます。里山・里地の整備で派生する資材を農業に利用し、竹尽くし農法(竹取物語)や炭素循環農法を実践しています。
         
           NPO伊東里山クラブ 貴僧坊ECOファーム長 
             平成森鮮組局長 
               大ボラ会事務局長         山下 隆(洋平太)

         連絡先 伊豆市貴僧坊67   メールアドレス yoheita0609@train.ocn.ne.jp


貴僧坊にローソンがやってきた! [2016年11月23日(Wed)]
今月の民生委員定例会で公表されたローソンさんの移動販売に、貴僧坊がいの一番に手を挙げ準備しました。区の評議委員会に諮り、旧公民館の跡地を利用、日時を決め各戸に案内状を配布、そして・・・
DSC04748+1.jpg

DSC04749+1.jpg

DSC04750+1.jpg
かっての上大見村は8地区で構成されています。段野山を挟んで西洞・東洞にそれぞれ4地区が南北に点在します。貴僧坊は西洞の中間に位置します。私の少年時代、各地区に最低1店はお店があったのですが、今は東洞の原保に2店があるだけです。貴僧坊のある一人住いの御老婦はバイクを運転して八幡まで買い物に行きます。これから寒くなり、私などはいつもハラハラして見守ります。ほかにも買い物困難な世帯が数軒あり、これは貴僧坊だけでなくどの地区も同様です。
高齢者運転が問題になっていますが、対応策がなければ「止めろ」とは言えません。これからは週一度、ローソンさんが来てくれます。少しは楽になるのではないでしょうか?

DSC04753+1.jpg
民生の仲間が古米を譲ってくれました。6表分、30`で12袋強ありました。聞けば古いのは25年産米だそうです。新米から食べるので残ってしまうと言います。低温保管していたので、見た目は遜色ありません。ヤギ子たちのご馳走です。

里地が色づいています。
DSC04752+1.jpg
見事なエノキ

DSC04755+1.jpg
たわわに実った渋柿

DSC04754+1.jpg
まだ現役?の炭窯
四季の移り変わり・・・これぞ日本。いつまでも続いてほしいのですが・・・。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント