CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

平成森鮮組 大見じねんファーム 大ボラ会

 「貴僧坊」・・・「きそうぼう」と読みます。伊豆のど真ん中、100人に満たない小さな寒村です。 40数年ぶりに帰村した貴僧坊は多くの社会的困難な課題を抱えています。
 NPO伊東里山クラブに入会、さらに平成森鮮組を結成して里山・里地の整備を進めています。「貴僧坊ECOファーム」「大見じねんファーム」を立ち上げ自然農法に挑戦していきます。里山・里地の整備で派生する資材を農業に利用し、竹尽くし農法(竹取物語)や炭素循環農法を実践しています。
         
           NPO伊東里山クラブ 貴僧坊ECOファーム長 
             一般社団法人平成森鮮組平成森鮮組 代表理事 
               大ボラ会事務局長         山下 隆(洋平太)

         連絡先 伊豆市貴僧坊67   メールアドレス yoheita0609@yahoo.co.jp


大ボラ会;34 4年目のスタートは酷暑のアザミ川 [2016年08月06日(Sat)]
大ボラ会も4年目に突入、月一の34回ですから3回中止になったてこと? とにかく継続すること、そのためには無理しないことに尽きるでしょう。
DSC04143+1.jpg

DSC04144+1.jpg

DSC04150+1.jpg
金比羅山裏のアザミ川に入りました。峠道でないのでごみは少ないはず・・・・
と思いきや不法投棄のゴミがあちこちに、行き止まりの林道はかえって捨てやすい????

DSC04149+1.jpg

IMG_0350+1.jpg
こは何ぞ?

IMG_0355+1.jpg
砂防ダムとあり、これが第二で中央が切れていて鋼管の格子構造???
中央から砂を流しダムが埋まるのを防ぐのでしょうか? 上流の第一は一体構造で、すでに砂に埋まっています。ウーン・・・見るからに頑丈そうですが、格子に木が絡み決壊したらと思うと恐ろしくもあります。この先異常気象が通常になり、決壊が現実になった時、想定外でしたで済まされては敵いませんね〜。この大工事のお金を山につぎ込んでほしいものです。人工林を間伐、落葉樹を植林して、災害に強くしかも生物豊かな森を作る方が良いとおもうのですが・・・

恒例の屯所食事会・・・
IMG_0369+1.jpg

IMG_0368+1.jpg
今日のメインはピザ

IMG_0367+1.jpg
たっぷり食べて夏バテ解消
それにしても私達の仲間は多士済々、素晴らしい!!! これが長続きのコツですね。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント