CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

平成森鮮組 大見じねんファーム 大ボラ会

 「貴僧坊」・・・「きそうぼう」と読みます。伊豆のど真ん中、100人に満たない小さな寒村です。 40数年ぶりに帰村した貴僧坊は多くの社会的困難な課題を抱えています。
 NPO伊東里山クラブに入会、さらに平成森鮮組を結成して里山・里地の整備を進めています。「貴僧坊ECOファーム」「大見じねんファーム」を立ち上げ自然農法に挑戦していきます。里山・里地の整備で派生する資材を農業に利用し、竹尽くし農法(竹取物語)や炭素循環農法を実践しています。
         
           NPO伊東里山クラブ 貴僧坊ECOファーム長 
             平成森鮮組局長 
               大ボラ会事務局長         山下 隆(洋平太)

         連絡先 伊豆市貴僧坊67   メールアドレス yoheita0609@train.ocn.ne.jp


ミナミ、一年ぶりのキャンプ場出張 民生委員研修 [2016年08月03日(Wed)]
8/7は萬城の滝、滝祭りです。それに合わせミナミ・コロン親子、チャチャをキャンプ場に出張させます。
IMG_0328+1.jpg
フェンス内は草茫々、3日もすればきれいになるはず?

IMG_0323+1.jpg

IMG_0326+1.jpg
しっかり働いて、来場者に愛嬌を振りまいて・・・

IMG_0342+1.jpg
屯所ふれあい広場はウサ公だけ
少し改造して、ゲンキとサクラを移します。

午後から民生委員の研修・・・
IMG_0332+1.jpg

IMG_0334+1.jpg

IMG_0337+1.jpg
静岡の健康寿命は全国の2位、前年度は1位
お茶の生産量・消費量日本一はうなずけますが、食材数439品は初耳です。
しかし健康増進を声高に叫ぶのはどうなんでしょうか? 健康寿命と平均寿命の差を縮める必要は理解できます。その差の数年間を介護・福祉でケアしなければならないからでしょう。さらに2025年問題で介護・福祉が現状維持できない、破たんすると脅します。
生き方は死に方だと思っています。介護にも福祉にもお世話にならず、ピンピンコロリが理想でしょう。それがたとえ60歳であろうと70歳であろうと全うした人生ならば良し! 介護も福祉も行き過ぎはよくないと思うのですが・・・
それにしても民生委員の研修、どうにかならない? 一方通行の講演スタイルはもうたくさんです。無駄とは言いませんが、伊豆地区の500人が集っているのですから、実践に役立つ内容でなければ・・・討論形式の事例研修など方法はあると思うのですが・・・。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント