CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

平成森鮮組 大見じねんファーム 大ボラ会

 「貴僧坊」・・・「きそうぼう」と読みます。伊豆のど真ん中、100人に満たない小さな寒村です。 40数年ぶりに帰村した貴僧坊は多くの社会的困難な課題を抱えています。
 NPO伊東里山クラブに入会、さらに平成森鮮組を結成して里山・里地の整備を進めています。「貴僧坊ECOファーム」「大見じねんファーム」を立ち上げ自然農法に挑戦していきます。里山・里地の整備で派生する資材を農業に利用し、竹尽くし農法(竹取物語)や炭素循環農法を実践しています。
         
           NPO伊東里山クラブ 貴僧坊ECOファーム長 
             平成森鮮組局長 
               大ボラ会事務局長         山下 隆(洋平太)

         連絡先 伊豆市貴僧坊67   メールアドレス yoheita0609@train.ocn.ne.jp


貴僧坊の共有山林は・・・ [2016年04月03日(Sun)]
新年度に入り恒例の”山見”です。これが区の仕事始め・・・
DSC03388+1.jpg
公図を頼りに境界確認

DSC03385+1.jpg
ただ歩き回るのはもったいない。袋を持ってもらいゴミ拾い
沢沿いには空き缶やペットがゴロゴロ
どうしてこんな山奥にごみがあるんでしょうか? 放っておけば川に流れ、海に入る・・・

DSC03394+1.jpg

DSC03393+1.jpg
なんとも美しい・・・
この奥に共有林がありますが、何年も見ていません。防獣柵を張り巡らしてあるので入れないのです。ワサビ農家さんに入り口を聞いて入ってみました・・・
DSC03395+1.jpg
ほったらかしの山は、なんとも酷い・・・山が荒れ、川が荒れ、村が破れ、やがて人が・・・

DSC03397+1.jpg
巨岩があちこちに・・・
ワサビ沢を見渡せる絶好ポイントです。散策路を巡らせるとおもしろですがね〜。

DSC03399+1.jpg
小倉用水サイフォン出口
貴僧坊の田畑を潤す用水ですが、筏場の取水口付近にサイフォン式水路があります。低地の沢の両サイドに縦坑を立てサイフォンで低地を通しています。空気とともに勢いよく湧き上がってきます。見事!

DSC03382+1.jpg
春爛漫・・・いい季節になりました。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント