CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

平成森鮮組 大見じねんファーム 大ボラ会

 「貴僧坊」・・・「きそうぼう」と読みます。伊豆のど真ん中、100人に満たない小さな寒村です。 40数年ぶりに帰村した貴僧坊は多くの社会的困難な課題を抱えています。
 NPO伊東里山クラブに入会、さらに平成森鮮組を結成して里山・里地の整備を進めています。「貴僧坊ECOファーム」「大見じねんファーム」を立ち上げ自然農法に挑戦していきます。里山・里地の整備で派生する資材を農業に利用し、竹尽くし農法(竹取物語)や炭素循環農法を実践しています。
         
           NPO伊東里山クラブ 貴僧坊ECOファーム長 
             一般社団法人平成森鮮組平成森鮮組 代表理事 
               大ボラ会事務局長         山下 隆(洋平太)

         連絡先 伊豆市貴僧坊67   メールアドレス yoheita0609@yahoo.co.jp


ふれあい広場に引っ越し [2016年03月10日(Thu)]
広場はまだ未完成ですが、逃げ出さない?ようにしたのでウさサ公の仮小屋を開放しました。
DSC03231+1.jpg
ようやく広いところに出られて飛び回ります。
考えられる限りの手当てはしたつもりです。腰の丸太は50a埋めて、網と60aの波板で広場を囲みました。ウサは穴を掘り登るので、これでもどうでしょうか?

DSC03234+1.jpg
仮小屋から4回も脱走した白斑点ウサ
脱走はしますが、一番懐こいやつです。こ奴が脱走しなければ大丈夫でしょう。

DSC03235+1.jpg
サクラも引っ越し
力のあるサクラが壊さない強度が必要、様子を見ます。

DSC03241+1.jpg
ミナオは丸テーブルの下が好き
毎日1gのミルクを飲んでいます。ミナミの乳房炎は治りましたが乳は駄目なようで、ミルク代が大変です。

DSC03240+1.jpg
小屋の奥に岩塩とくず米

DSC03243+1.jpg
給餌台
少し小さ過ぎました。
縄文舞台や扉がまだ未完成。舞台に上がる階段が難しそう、少し急いでやります。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント