CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

平成森鮮組 大見じねんファーム 大ボラ会

 「貴僧坊」・・・「きそうぼう」と読みます。伊豆のど真ん中、100人に満たない小さな寒村です。 40数年ぶりに帰村した貴僧坊は多くの社会的困難な課題を抱えています。
 NPO伊東里山クラブに入会、さらに平成森鮮組を結成して里山・里地の整備を進めています。「貴僧坊ECOファーム」「大見じねんファーム」を立ち上げ自然農法に挑戦していきます。里山・里地の整備で派生する資材を農業に利用し、竹尽くし農法(竹取物語)や炭素循環農法を実践しています。
         
           NPO伊東里山クラブ 貴僧坊ECOファーム長 
             平成森鮮組局長 
               大ボラ会事務局長         山下 隆(洋平太)

         連絡先 伊豆市貴僧坊67   メールアドレス yoheita0609@train.ocn.ne.jp


大ボラ会 その13:ビオトープ作り着手                平成森鮮組奮戦記 その10:間伐隊   [2014年09月06日(Sat)]
今日は午前に大ボラ会の河川清掃、午後から森鮮組の里山整備と欲張った予定を組みました。
まずは・・・
DSC03514+1.jpg
中伊豆小前に集合
交通指導員として毎週月曜日にこの交差点に立ちますが、通学路のゴミが気になってました。子供たちが落ちているゴミ(特に吸い殻)に無関心になるのが怖いと思っています。ゴミは落ちているのが普通と勘違いされては困ります。
本川が葦でゴミ拾いが出来ないので、今日の活動を通学路と水路の清掃に変えました。

DSC03517+1.jpg
県道沿いの通学路
車に注意しながら煙草の吸殻を拾います。

DSC03516+1.jpg

DSC03519+1.jpg
校舎前の水路のゴミ拾いと草刈り
刈った草は回収して軽トラに積みこみます。ファームのヤギ子達の土産です。
月曜日に子供たちは気づいてくれるでしょうか? 明日の雨で元の黙阿弥でしょうか?

大ボラ会は河川清掃と並び、ホタルやカジカの復活を目指しています。ナーサリー横の湿地帯にビオトープを作る計画があります。計画地の草刈りから着手しました。
DSC03521+1.jpg
ジャングルになってますね〜。急がずボチボチとやっていきます。

昼は会長が・・・
DSC03523+1.jpg
これはイノシシの肉
DSC03524+1.jpg
トウガン
いつもながらご馳走さまです。

午後からは・・・
DSC03535+1.jpg

DSC03530+1.jpg
夕刻まで間伐作業
会員、隊士の皆様お疲れさでした。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント