CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

平成森鮮組 大見じねんファーム 大ボラ会

 「貴僧坊」・・・「きそうぼう」と読みます。伊豆のど真ん中、100人に満たない小さな寒村です。 40数年ぶりに帰村した貴僧坊は多くの社会的困難な課題を抱えています。
 NPO伊東里山クラブに入会、さらに平成森鮮組を結成して里山・里地の整備を進めています。「貴僧坊ECOファーム」「大見じねんファーム」を立ち上げ自然農法に挑戦していきます。里山・里地の整備で派生する資材を農業に利用し、竹尽くし農法(竹取物語)や炭素循環農法を実践しています。
         
           NPO伊東里山クラブ 貴僧坊ECOファーム長 
             平成森鮮組局長 
               大ボラ会事務局長         山下 隆(洋平太)

         連絡先 伊豆市貴僧坊67   メールアドレス yoheita0609@train.ocn.ne.jp


雨の出動! 平成森鮮組奮戦記 その3 [2014年06月28日(Sat)]
土曜は森鮮組の出動日ですが、残念ながら雨雨。明日へ順延の連絡を隊士に連絡していくと、元気印のおじさんでストップ。機材を軽トラに積み込んで準備万端、明日が駄目だから行くよ〜。
言わずと知れた”徳田エジソン”、消し炭用のドラム缶を作ったので試したいとやる気満々。
やりましょう! 山本さんにもお願いして、3人で雨の出動です。
DSC02882+1.jpg
新作の消炭焼きドラム缶
野焼きは出来ませんので、ドラム缶でしっかりと管理しながら枯れ竹を燃やします。

DSC02883+1.jpg
竹割り架台

DSC02886+1.jpg
竹割り治具
エジソンが次々に作ってくれます。

DSC02881+1.jpg
消炭堆積ピット
土壌改良材として地区の人たちに自由に使ってもらいます。

DSC02878+1.jpg
右斜面は、地主さんの意向で間伐
タケノコ用に斜面だけ間伐して残します。帯状間伐して裏止めを続ければ理想の竹林になるはずです。
雨やまず濡れ鼠、無理せずあきらめて午前中で切り上げました。エジソンも新作の燃焼結果に納得の様子。明日、頑張りましょう!。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント