CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

平成森鮮組 大見じねんファーム 大ボラ会

 「貴僧坊」・・・「きそうぼう」と読みます。伊豆のど真ん中、100人に満たない小さな寒村です。 40数年ぶりに帰村した貴僧坊は多くの社会的困難な課題を抱えています。
 NPO伊東里山クラブに入会、さらに平成森鮮組を結成して里山・里地の整備を進めています。「貴僧坊ECOファーム」「大見じねんファーム」を立ち上げ自然農法に挑戦していきます。里山・里地の整備で派生する資材を農業に利用し、竹尽くし農法(竹取物語)や炭素循環農法を実践しています。
         
           NPO伊東里山クラブ 貴僧坊ECOファーム長 
             平成森鮮組局長 
               大ボラ会事務局長         山下 隆(洋平太)

         連絡先 伊豆市貴僧坊67   メールアドレス yoheita0609@train.ocn.ne.jp


大ボラ会 その10、たまには・・・ [2014年06月07日(Sat)]
3日続きの雨雨、早朝大見川を下見に行くと・・・
DSC02748+1.jpg
濁流がゴーゴー
保水力と保土力のない人工林の山が原因です。落葉樹の山であれば落ち葉が積もって、ふわふわの腐葉層が形成され雨を受け止め表土も保持します。気候温暖化でスコールのような雨ですが、山の雨が一気に川に流入します。堤防護岸が整備されていますので、災害は起きていません。もし決壊したら,さらに頑丈な堤防や砂防堤を築くのでしょうね。どうして奥山をなんとかしようと思わないのでしょうか? やれやれがく〜(落胆した顔)・・・

雨も止まず河川も危険なので、大ボラ会の中止を会長に進言したところ、たまには(?)作業なしの懇親会をやろうという事になりました。会長の手打ちそばと本間さんの料理を頂きながらの環境談義です。川に海に山にと話が飛び交います。みんな熱いですね〜かわいい
それにしても、どういう会なのでしょうか? こんな贅沢で楽しい会もありませんね〜ハートたち(複数ハート)。熱中し過ぎで写真を撮るのも忘れていました。

自然薯の種芋が・・
DSC02752+1.jpg
伸びる伸びる
明日は頑張って植えねば、クラブの100本を目標!

徳田エジソンが・・
DSC02753+1.jpg
牧場入り口の扉
入り口が弱そうなのが気になっていたようです。事実、ゲンキにゴシゴシされてガタガタです。明日、溶接機を持参して取り付けてくれるそうです。それにしても、エジソンの行動力には脱帽です。とにかく作ってみる、動いてみる、私も少し見習いますか。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント