CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

平成森鮮組 大見じねんファーム 大ボラ会

 「貴僧坊」・・・「きそうぼう」と読みます。伊豆のど真ん中、100人に満たない小さな寒村です。 40数年ぶりに帰村した貴僧坊は多くの社会的困難な課題を抱えています。
 NPO伊東里山クラブに入会、さらに平成森鮮組を結成して里山・里地の整備を進めています。「貴僧坊ECOファーム」「大見じねんファーム」を立ち上げ自然農法に挑戦していきます。里山・里地の整備で派生する資材を農業に利用し、竹尽くし農法(竹取物語)や炭素循環農法を実践しています。
         
           NPO伊東里山クラブ 貴僧坊ECOファーム長 
             平成森鮮組局長 
               大ボラ会事務局長         山下 隆(洋平太)

         連絡先 伊豆市貴僧坊67   メールアドレス yoheita0609@train.ocn.ne.jp


貴僧坊の里地、向山は・・・ [2014年01月12日(Sun)]
筏場川を挟んで西側は向山といいます。川沿いに田んぼが広がっていました。その昔、家屋もあり人が住んでいたと聞きます。姫之湯との間には金毘羅山があります。
ヤギ子達を連れて探検してみました。
DSC01980+1.jpg
橋から見ています。中央のこんもりした山が金比羅山、斜面の竹林や人工林が向山です。
平坦地は田んぼで、2年前までは稲作をしていましたが獣害で耕作を諦めたそうです。

DSC01981+1.jpg
橋のたもとにある松に食らいつくチビ子達
松葉なんて食べなくても、大きい葉っぱの木がいくらでもあるのに不思議です。

DSC01986+1.jpg
ミナミ、サクラ、ゲンキの順でついてきます。以前はいつもゲンキが先頭だったのですが、ゲンキは最近いじけることが多く、すぐに怒り出します。怒ると頭を振り回すのでご用心!

DSC01984+1.jpg

DSC01985+1.jpg

DSC01983+1.jpg
金比羅山中腹の柱状節理
ヤギ子達はこういう岩場が大好きです。規模は小さいですが貴重な地域資源です。

大きなヤギ牧場を作れば、獣害対策として有効なのではと構想しています。