CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

平成森鮮組 大見じねんファーム 大ボラ会

 「貴僧坊」・・・「きそうぼう」と読みます。伊豆のど真ん中、100人に満たない小さな寒村です。 40数年ぶりに帰村した貴僧坊は多くの社会的困難な課題を抱えています。
 NPO伊東里山クラブに入会、さらに平成森鮮組を結成して里山・里地の整備を進めています。「貴僧坊ECOファーム」「大見じねんファーム」を立ち上げ自然農法に挑戦していきます。里山・里地の整備で派生する資材を農業に利用し、竹尽くし農法(竹取物語)や炭素循環農法を実践しています。
         
           NPO伊東里山クラブ 貴僧坊ECOファーム長 
             平成森鮮組局長 
               大ボラ会事務局長         山下 隆(洋平太)

         連絡先 伊豆市貴僧坊67   メールアドレス yoheita0609@train.ocn.ne.jp


貴僧坊周辺の里山林況調査 [2014年01月31日(Fri)]
貴僧坊東側は、段野山というなだらかな山並みが続いています。私の少年時代、この山は開墾畑が広がっていました。
現況は・・・
DSC02062+1.jpg
墓地周辺
ここは人の手が入っていますが、墓地と県道の間は竹林に覆われています。

DSC02065+1.jpg

DSC02067+1.jpg
墓地から尾根に続く道が残っています。斜面の霜崩れ土が自然薯用土に使えそうです。軽トラで通れるようにしたいですね。

DSC02069+1.jpg
尾根の平坦地
当時は左右に畑が広がっていました。尾根伝いに道が続き、耕運機で移動したものです。

DSC02070+1.jpg
人工林に覆われ猪鹿の棲家になっています。
畑の復活は無理としても、何とかしたいですね〜。間伐すれば立派な林になるんですが・・・。

DSC02060+1.jpg
手足を伸ばしてリラックス
ファームの動物たちで一番おとなしいのはウサ公たちです。ヤギや鶏たちに追い回されますが、めずらしくのんびりと休んでいます。