CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

平成森鮮組 大見じねんファーム 大ボラ会

 「貴僧坊」・・・「きそうぼう」と読みます。伊豆のど真ん中、100人に満たない小さな寒村です。 40数年ぶりに帰村した貴僧坊は多くの社会的困難な課題を抱えています。
 NPO伊東里山クラブに入会、さらに平成森鮮組を結成して里山・里地の整備を進めています。「貴僧坊ECOファーム」「大見じねんファーム」を立ち上げ自然農法に挑戦していきます。里山・里地の整備で派生する資材を農業に利用し、竹尽くし農法(竹取物語)や炭素循環農法を実践しています。
         
           NPO伊東里山クラブ 貴僧坊ECOファーム長 
             一般社団法人平成森鮮組平成森鮮組 代表理事 
               大ボラ会事務局長         山下 隆(洋平太)

         連絡先 伊豆市貴僧坊67   メールアドレス yoheita0609@yahoo.co.jp


森鮮組出撃録10〜12;六仙の里整備事業 [2021年08月10日(Tue)]
8/2出撃録10;檜とカラスザンショウ大木の伐採
DSC00976+1.jpg

DSC00979+1.jpg
檜は大小7本

DSC00981+1.jpg
通路上のカラスザンショウ、こいつが厄介者

DSC00985+1.jpg
枝にとげはあるし太くて玉切りも大変
玉切りしては斜面の窪地に集めます。

8/3出撃録11;続檜伐採
DSC00988+1.jpg

DSC00994+1.jpg

DSC00992+1.jpg
ヒノキや雑木を倒木しては枝葉を片付け、幹を玉切利して集積していきます。

DSC00996+1.jpg
長尺のヒノキは使うようなので残してあります。

8/10出撃録12;倒木は一段落、玉切り片付けと斜面刈り払い
DSC00998+1.jpg

DSC01006+1.jpg

DSC01005+1.jpg
斜面の刈り払いに苦労しています。機械が使えない急斜面は手作業でやるしかありません。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント