CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

平成森鮮組 大見じねんファーム 大ボラ会

 「貴僧坊」・・・「きそうぼう」と読みます。伊豆のど真ん中、100人に満たない小さな寒村です。 40数年ぶりに帰村した貴僧坊は多くの社会的困難な課題を抱えています。
 NPO伊東里山クラブに入会、さらに平成森鮮組を結成して里山・里地の整備を進めています。「貴僧坊ECOファーム」「大見じねんファーム」を立ち上げ自然農法に挑戦していきます。里山・里地の整備で派生する資材を農業に利用し、竹尽くし農法(竹取物語)や炭素循環農法を実践しています。
         
           NPO伊東里山クラブ 貴僧坊ECOファーム長 
             一般社団法人平成森鮮組平成森鮮組 代表理事 
               大ボラ会事務局長         山下 隆(洋平太)

         連絡先 伊豆市貴僧坊67   メールアドレス yoheita0609@yahoo.co.jp


森鮮組出撃録14;残材が埋もれている [2021年08月19日(Thu)]
間伐が終わり、残材の片付けを始めます。伐採はそれほど訳ないのですが片付けの方が大変です。
DSC01010+1.jpg

DSC01019+1.jpg
通路脇の残材、これを斜面下に降ろして積み上げていきます。

DSC01015+1.jpg
生い茂った雑草の下から出てくる出てくる。時間かかりそう。

DSC01013+1.jpg

DSC01021+1.jpg
通路脇の切り株も・・・椅子替わりになりそうで残してもと思いますが、施主の要望とあれば仕方なし。

DSC01012+1.jpg
斜面も刈り払い、機械が使えない急斜面も多く大変。怪我しないように注意しながら慎重に進めていきます。
酷暑で体力が持ちません。熱中症の心配もあり、14時で引き揚げ。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント