CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

平成森鮮組 大見じねんファーム 大ボラ会

 「貴僧坊」・・・「きそうぼう」と読みます。伊豆のど真ん中、100人に満たない小さな寒村です。 40数年ぶりに帰村した貴僧坊は多くの社会的困難な課題を抱えています。
 NPO伊東里山クラブに入会、さらに平成森鮮組を結成して里山・里地の整備を進めています。「貴僧坊ECOファーム」「大見じねんファーム」を立ち上げ自然農法に挑戦していきます。里山・里地の整備で派生する資材を農業に利用し、竹尽くし農法(竹取物語)や炭素循環農法を実践しています。
         
           NPO伊東里山クラブ 貴僧坊ECOファーム長 
             一般社団法人平成森鮮組平成森鮮組 代表理事 
               大ボラ会事務局長         山下 隆(洋平太)

         連絡先 伊豆市貴僧坊67   メールアドレス yoheita0609@yahoo.co.jp


舌刈り隊第二次ミッションの準備 [2021年05月24日(Mon)]
本格的にヤギレンタルが始まります。次のミッションは6月の宇佐美駅、駐屯シェルターを準備しました。
IMG_3851+1.jpg
パレットを利用した小屋
重すぎても長すぎても使えない。軽トラに乗せて移動できるように4分割の組み立て式です。張り出しは日陰のための簾の固定棒です。2頭派遣ならこれで良さそうですね。

IMG_3842+1.jpg
さて誰を派遣するか? 慣れさせるために前回とは違うチャチャとゲンキを派遣します。ただあまり仲が良くない。

IMG_3852+1.jpg
サクラの背中にカラス
サクラさんは2014年の3月生まれですから7歳を過ぎました。ヤギの寿命が12年くらいですからおばあさんになりました。7歳から急に老化するようです。体つきはメスなのですが半陰陽で妊娠能力はなく、小さい時から前足が不自由でした。皮膚も弱く傷が絶えません。余生をゆっくりと過ごすもらいましょう。

IMG_3839+1.jpg
コヤギ屋根散歩
屯所の広場ヤギ舎には、Y君のハチのコヤギ2頭が暮らしています。縄文舞台の隙間から屋根に登ってしまいました。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント