CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

平成森鮮組 大見じねんファーム 大ボラ会

 「貴僧坊」・・・「きそうぼう」と読みます。伊豆のど真ん中、100人に満たない小さな寒村です。 40数年ぶりに帰村した貴僧坊は多くの社会的困難な課題を抱えています。
 NPO伊東里山クラブに入会、さらに平成森鮮組を結成して里山・里地の整備を進めています。「貴僧坊ECOファーム」「大見じねんファーム」を立ち上げ自然農法に挑戦していきます。里山・里地の整備で派生する資材を農業に利用し、竹尽くし農法(竹取物語)や炭素循環農法を実践しています。
         
           NPO伊東里山クラブ 貴僧坊ECOファーム長 
             一般社団法人平成森鮮組平成森鮮組 代表理事 
               大ボラ会事務局長         山下 隆(洋平太)

         連絡先 伊豆市貴僧坊67   メールアドレス yoheita0609@yahoo.co.jp


ダッシュ(走り出すさま) 平成森鮮組 ダッシュ(走り出すさま)
 竹林整備・刈り払い 山櫻の里・六仙の里整備作業

リゾート 大ボラ会;92 8/7リゾート  
  集合=9;00 姫之湯大ボラ幟
        
iモード 森鮮組山羊部隊iモード
 
チャチャ・ニーナ・サクラ・ゲンキ・ツバサ・チータ・ブーツ・ヨツバ・チー(屯所ヤギ舎)
森鮮組出撃録7〜9;蔓に悩まされる粉砕と伐採 [2021年07月30日(Fri)]
スマイルポートの芝生散水の当番を掛け持ちで六仙の整備を進めています。芝生を気遣いながらの作業で集中できません。
7/28・・・
DSC00951+1.jpg

DSC00952+1.jpg

DSC00955+1.jpg
粉砕機を持ってきました。刈り払いした雑草や姫竹を粉砕して散布します。湿っているのと葛などの蔓が邪魔して詰まってしまいます。雑木を伐採しても蔓が絡んで落ちてきません。時間ばかり取られます。

7/29・・・
DSC00957+1.jpg

DSC00959+1.jpg

DSC00962+1.jpg
東端堰堤付近を集中的に処理していきました。倒木やらを片づけながら、堰堤下の平坦地をきれいにしていきます。

7/30・・・
DSC00969+1.jpg

DSC00970+1.jpg

DSC00972+1.jpg
沢の左岸も2m幅で通路を確保します。とげのあるカラスザンショウが厄介です。

DSC00973+1.jpg
堰堤下が両岸とも何とかきれいになりました。整備はこれからが本番、伐採・刈り払い・丸太の片付け等々。酷暑と闘いながら中旬までできるかな?
森鮮組出撃録6;六仙の里整備事業 [2021年07月26日(Mon)]
昨年に続き中大見地域づくり協議会から六仙の里整備事業を受注しました。
DSC00931+1.jpg
朝方少し雨が降り、少しは涼しいですが暑くなりそう、一日は無理か?

DSC00944+1.jpg
まずは刈り払い、刈った雑草は軽トラに積んでヤギさんに届けます。

DSC00932+1.jpg
東端、before

DSC00946+1.jpg
after 沢近くですがここから上に散策路を開設するそうです。

DSC00939+1.jpg
西端、before

DSC00949+1.jpg
after
やはり暑くなってきました。無理せず午前中で引き揚げです。本番は杉檜や雑木の除伐、枝葉を片づける粉砕機の搬入路がありません。どうしたものか? 8月一杯の工期をもらっていますが8月中旬までには仕上げたい。
森鮮組出撃録5;丸山竹林除伐 [2021年07月21日(Wed)]
丸山竹林の二回目です。スマイルポートの散水と並行して作業します。
DSC00912+1.jpg
急斜面で刈り払い機が使えるのはごくわずか、手作業でやらざるを得ません。

DSC00914+1.jpg
before

DSC00921+1.jpg
after 淡竹の若竹でしょうか? まだ柔らかいので鋸や鉈で簡単に切れますが少し遅すぎたようです。もう少し早ければ楽だったでしょう。

DSC00917+1.jpg
before

DSC00919+1.jpg
after 切った若竹は可能な限り横摘みで納めますが、ドモならない勾配のところは片付けができませんでした。少し残っていますが、ハチの巣があって近づけないので断念しました。これで終わりにしたいと思います。来期からは地区の方に任せましょう。

DSC00927+1.jpg
ヤギさんたちは暑さが苦手、長屋のサクラハウスの方が涼しいのでしょう。全員集合してました。毎日小屋の掃除をしてはいますが、この時期は臭いが強烈で弱りました。なにか上手く消臭する策はないでしょうか?
スマイルポート八岳芝生植栽2日目;50数人で完了 [2021年06月27日(Sun)]
各地区の応援者を含めて53人で植えました。
IMG_3974+1.jpg
広いグランドなので大丈夫と思いますが、蜜を避けるため2班に分かれます。八岳は東洞と西洞に4区づつあります。東西に2分けして植栽のスタート。

IMG_3976+1.jpg
苗を配る係と植える係と分担して植える、植える。何しろ1万2千株です。空模様に急かされます。

IMG_3977+1.jpg
親子で仲良く植えていきます。

IMG_3981+1.jpg
北の端まで植え終わりました。苗を転圧しながら集合です。天気が心配でしたが、午前で植え終わりました。午後も雨予想、お弁当を配布して解散です。参加の皆様、お疲れ様でした。

IMG_3980+1.jpg
縄張りの標識ロープを上げて注意看板を取り付け
明日からは水やり作業です。今年の理事さんは大変ですがよろしくお願いします。
スマイルポート八岳芝生植栽一日目;明日の本番準備作業 [2021年06月26日(Sat)]
いよいよスマイルポート八岳の芝生植栽の始まりです。明日一日で1万2千株を植えるには、今日の準備作業に掛かっています。
IMG_3947+1.jpg
清水のNPO法人グランドキーパーズさんがトラックで苗や散水機材、、肥料一式を搬入

IMG_3949+1.jpg
位置出し

IMG_3955+1.jpg
横に延ばしたロープに50センチ間隔でロックタイを結んであります。その位置にペットボトルの石灰でポイントマーク

IMG_3960+1.jpg
位置出しの線引き

IMG_3959+1.jpg
肥料散布、3000u全面に撒きます。

IMG_3953+1.jpg
手製の治具で穴あけ

IMG_3954+1.jpg
機械での穴あけ
エンジンアースオーガーとドリルオーガーが大活躍、予定区域に穴が開きました。

IMG_3963+1.jpg
今日は理事やサポーターズで18人、受付も明日のコロナ対策予行演習です。記帳、検温、消毒、マスク確認、私どもに出来るのはこれくらいですが、最低限の対策はとれていると思います。早く収束してくれないと困りますね。

IMG_3968+1.jpg
16時までできるだけ植えていきます。苗をばらすのに結構手間がかかります。

IMG_3967+1.jpg
植えるのは割と楽でした。

IMG_3971+1.jpg
散水方法の検証。スプリンクラー2台で30分づつ、位置を変えて4回転・・・ウーン、時間がかかり過ぎです。何か考えないと駄目ですね。
16時で終了、これだけ準備してあれば明日一日で何とかなるでしょう。天気が良くなることを祈るばかりです。
スマイルポート八岳芝生植栽の準備 [2021年06月25日(Fri)]
明日から芝生の植栽が始まります。サポーターズ代表と2人で準備しました。
IMG_3936+1.jpg

IMG_3935+1.jpg
縄張り作業
巻き尺で計りながら、標識ロープを地面に釘で留めていきます。植栽後は上にあげて養生区域を明示します。

IMG_3940+1.jpg
受付のベンチテーブル、八岳福祉委員会から借用

IMG_3946+1.jpg
改修終わった機材倉庫
運動場倉庫でしたが10年ほったらかし。柱が腐り、窓ガラスは割れて、入り口もコンパネで封鎖してありました。

IMG_3942+1.jpg
昔の引き戸は重い、重い。取っ手とダイヤル錠を取り付け

IMG_3938+1.jpg
子メーターの確認
明日は理事とサポーターズ、20人弱で準備作業します。
舌刈り隊第二次ミッション終了 [2021年06月15日(Tue)]
宇佐美駅に派遣していた舌刈り隊、チャチャとゲンキの撤収です。
IMG_3907+1.jpg
宇佐美駅は無人駅ですが、伊東の駅員さんがこまめに世話してくれて無事に任務を終了

IMG_3908+1.jpg

IMG_3910+1.jpg
フェンスの蔓もきれいに除草されています。

IMG_3914+1.jpg
世話してくれていた皆さん、別れを惜しんで撤退

IMG_3917+1.jpg
ここは下田市のオリーブ園
除草に苦労しているスタッフからの要請を受けて、宇佐美から移動

IMG_3915+1.jpg
残念ながら現状では無理、両サイドが稲田でフェンス無し
しかもチャチャがオリーブの幹を齧りだしました。駄目ですね。他の方法を考えます。
旧八岳小学校校庭の芝生化事業、水道引き込み工事 [2021年06月11日(Fri)]
市との折衝、業者との打ち合わせなどを経て芝生化事業のスタートです。
IMG_3901+1.jpg
現状、本メーターから体育館トイレまで露出配管されています。玄関横から分岐して子メーターを経てグランドに引き込んでもらいました。

DSC00871+1.jpg

IMG_3905+1.jpg

IMG_3903+1.jpg
埋め込みの散水栓が東西2ヶ所づつの4ヶ所設置

IMG_3904+1.jpg
北側端の立水栓
立水栓は全部で5ヶ所あったのですが、配管して導水したらジャージャー漏れ。一ヵ所だけ移動して生かしてもらいました。

IMG_3906+1.jpg
ようやく自宅裏堂ノ下圃場の自然薯が植え終わりました。東から27,30,38,38,36,37本の計206本です。あと残り100本、早く植えないと芋が伸びてしまう。少々焦っています。

IMG_3919+1.jpg
ヤギ舎の掃除は毎日、出てくるヤギ糞を自然薯の畝に散布しています。
森鮮組出撃録3-3&4;丸山竹林・山櫻の里刈り払い [2021年06月09日(Wed)]
八岳地域づくり協議会依頼の丸山竹林刈り払い除伐作業は3年目です。
DSC00884+1.jpg

DSC00876+1.jpg
真竹や姫竹の幼竹がびっしりと生えていますが、今の時期なら刈り払い機で除伐できます。急傾斜なので慎重に作業していきます。

IMG_3893+1.jpg
問題は裏側、機械では無理なので手作業ですが淡竹が生えてきました。最初の除伐時には真竹優位で気づきませんでした。真竹を駆逐したので淡竹が生き返ったのでしょう。淡竹はタケノコの時期が遅いので7月に入ってから再度間伐します。

DSC00880+1.jpg
今回で約束した3年目で、来期は予定していません。地元の方々でお願いします。

DSC00911+1.jpg
協議会の山櫻は大見川沿いに20本と神社横の小丸山が10です。

DSC00907+1.jpg

DSC00910+1.jpg
川沿いはまだ細いですね。秋には残土処理場になるので移植しなければなりません。

DSC00902+1.jpg
小丸山は4年目で随分と太くなりました。網を外しても大丈夫でしょう。

DSC00896+1.jpg

DSC00897+1.jpg
丸山の2回目と大見川沿いの移植が残ります。七尋石散策路はイノシシさんが整備してくれて除伐作業無しで済みました。
森鮮組出撃録3-1&2;八幡ソーラー刈り払い [2021年06月07日(Mon)]
今年は要請がないので安心していたのですが、急に実施することになりました。
DSC00840+1.jpg

DSC00847+1.jpg

IMG_3885+1.jpg
竹もススキも伸び放題で、年々大変になっています。一回目を5月初旬に実施すれば少しは楽なのですが・・・。

DSC00849+1.jpg

DSC00854+1.jpg
苦労したのがパネル隙間から伸びている雑草や幼木の処理です。竹や木々が成長して簡単には切れません。

DSC00852+1.jpg

DSC00862+1.jpg

DSC00863+1.jpg
暑さを避けて7時からの作業を2日間、何とか終了です。

IMG_3888+1.jpg
隣がオリーブ畑になっています。果たしてものになるのか? 油を搾るまで何年もかかるのでしょうが、成功してほしいと願います。
大ボラ会90;刈り払いその2 [2021年06月05日(Sat)]
河川敷の刈り払いの2回目です。市の河川愛護事業の一環で参加しています。活動資金の確保もありますが、長い河川敷の一部を刈り払いすることに、どのくらいの意味があるのかよく分かりません。短期間、見た目にきれいになるだけで、そこに棲む昆虫や生物には迷惑なことでしょうね。
IMG_3867+1.jpg

IMG_3868+1.jpg

IMG_3872+1.jpg

IMG_3873+1.jpg
3人が葦や雑草を」刈り払い、5人で束ね搬出と分業で進めます。軽トラに積み込んでファームに運搬、農業用に利用します。ヤギさんの餌にも頂きました。

IMG_3875+1.jpg

IMG_3877+1.jpg
作業終了です。葦にゴミが掛からないのはいいのですが、下流に流れていくだけですね。なにか、すっきりしない刈り払い作業でした。

IMG_3881+1.jpg
宇佐美駅の駐屯地ですが、日影があまりないので駅員さんが心配で連絡をくれました。すだれを増設してきました。

IMG_3879+1.jpg
派遣して4日目です。きれいに除草していますがまだまだ残っています。

IMG_3884+1.jpg
帰り際、お子さん連れのヤングママさん 癒しにも役立っているようです。
舌刈り隊第二次ミッション;ゲンキ&チャチャ宇佐美駅へ派遣 [2021年06月02日(Wed)]
伊東駅のミッションは実証実験でした。効果を認められ本格的な除草レンタルの開始です。
今回は宇佐美駅への派遣、隊士もゲンキとチャチャにしました。
IMG_3860+1.jpg
駐屯に必要な資材とヤギさんを軽トラに乗せて出発

IMG_3862+1.jpg
2人を柵内に入れて小屋の組み立て
4分割でボルトで組み立てますが、穴が合わず意外と手間取りました。ボルト穴に余裕を持たせて方が良さそうです。

IMG_3861+1.jpg
注意看板やダミーの電線を張って準備完了

IMG_3863+1.jpg

IMG_3864+1.jpg
斜面をコンクリートで固めてあり上に上ると「崖の上のポニョ」みたいですね。
自然薯の植え付け始まる [2021年05月29日(Sat)]
芽出ししていた自然薯が急に伸びてきました。
IMG_3853+1.jpg
一箱に70〜80本入っています。むらはありますが、これからぐんぐんと伸びてきます。

IMG_3855+1.jpg
採取してきた川砂や赤土を竹受けに敷きます。以前は1m40センチの受け全面に入れていましたが、上部に角スコ2杯を入れました。客土の確保が大変なのと、成長には上部のひげ根が重要だと思うからです。結果は秋まで分かりませんが、そんなに変わりはないはずです。

IMG_3854+1.jpg
これから目出しを見ながら一ヶ月間植え付けに掛かりますが、26日の芝植えまでには終わらせます。

IMG_3858+1.jpg

IMG_3857+1.jpg
エコファーム裏の田んぼは田植えが終わり水が張られています。段差のところの草刈りはこちらの担当ですが手が回りません。ヤギさんにお願いしています。水が嫌いなので田んぼに入らないのですが、万が一入ると苗を痛めます。ファームで作業していて監視ができる間だけヤギさんを入れています。そっか、足の悪いサクラだったら田んぼには降りないので彼女の仕事にしよう。
舌刈り隊第二次ミッションの準備 [2021年05月24日(Mon)]
本格的にヤギレンタルが始まります。次のミッションは6月の宇佐美駅、駐屯シェルターを準備しました。
IMG_3851+1.jpg
パレットを利用した小屋
重すぎても長すぎても使えない。軽トラに乗せて移動できるように4分割の組み立て式です。張り出しは日陰のための簾の固定棒です。2頭派遣ならこれで良さそうですね。

IMG_3842+1.jpg
さて誰を派遣するか? 慣れさせるために前回とは違うチャチャとゲンキを派遣します。ただあまり仲が良くない。

IMG_3852+1.jpg
サクラの背中にカラス
サクラさんは2014年の3月生まれですから7歳を過ぎました。ヤギの寿命が12年くらいですからおばあさんになりました。7歳から急に老化するようです。体つきはメスなのですが半陰陽で妊娠能力はなく、小さい時から前足が不自由でした。皮膚も弱く傷が絶えません。余生をゆっくりと過ごすもらいましょう。

IMG_3839+1.jpg
コヤギ屋根散歩
屯所の広場ヤギ舎には、Y君のハチのコヤギ2頭が暮らしています。縄文舞台の隙間から屋根に登ってしまいました。
スマイルポート八岳;芝植えの準備 [2021年05月23日(Sun)]
旧八岳小学校校庭の芝生化が事業決定され準備に掛かりました。
IMG_3843+1.jpg
これはペットボトルを利用した位置出し治具です。中に石灰を入れ蓋に小穴を開けて地面をトントンと叩くと・・・

IMG_3844 (1)+1.jpg
白い点が残り植栽位置が示されます。

IMG_3846+1.jpg
次に穴を掘る治具、ハンドルを数回回すと・・・

IMG_3849+1.jpg
径100_深さ80_の穴ができました。これで何とか出来そうですが、なんとも1万2千ヵ所、大変なのは変わりありません。これらの治具を数個づつ作って、6月26日の本番に備えます。

IMG_3850+1.jpg
除草剤のラウンドアップを散布しました。初めて除草剤を使いました。主義に反し撒きたくはありませんが、芝生化のために敢えて目をつぶります。効果のほどは?
舌刈り隊、第一次ミッションクリア [2021年05月15日(Sat)]
伊東駅に派遣したブーツ&ヨツバの舌刈り隊、任務完了です。一旦撤収します。
IMG_3830+1.jpg

IMG_3831+1.jpg
5日から10日間で除草完了
今回はお試しの実験でした。心配していた電車の音にもすぐに慣れたようです、鳴き声や臭いも問題ありませんでした。職員さんがこまめに世話してくれて体調も良さそうです。
このような取り組みに批判的な方もおられます。いろいろな考え方があって、心配してくださることは大変ありがたいと思っています。その声を真摯に受け止めて対応していきます。
私は彼らをペットと思ったことはありません。私の同志であり、森鮮組の隊士です。彼らの能力を借りて荒廃した中山間地の環境整備をしていくつもりです。当然ながら彼らの健康が第一優先されます。様子を観ながら隊士の交代、出入りや撤収をしていきます。
街中での除草実験は初めてのことで、私も毎早朝山越えして様子を観ています。なによりも職員の皆様が常時観てくれて、心配があればすぐに連絡してくれました。保健所さんからの指摘もあり、遮光はもう一工夫必要です。

IMG_3829+1.jpg
堂ノ下放牧場は大見川に接しています。堤防からの斜面にはウツギ類やらの雑木びっしり生えています。枯れないように少しづつ切って牧草を蒔きたいと思っています。切った枝葉はヤギさんたちの餌になります。

IMG_3837+1.jpg

IMG_3836+1.jpg
自然薯の畝に商品にならない芋を植えておきました。暖かくなったので芽が伸びてきました。掘り返して植え替えです。購入した種イモは、まだ芽が出ません。今年は川砂で栽培するつもりです。
リード線で制御できるか? [2021年05月10日(Mon)]
フェンスでなくリード線での放牧が可能か?
IMG_3820+1.jpg

IMG_3819+1.jpg
ハンガーレールを利用して試してみました。両サイドは駒につなげ1.8m前後することができます。
首輪側により戻しを付けて絡まないようにしています。チーちゃんにお願いして始めましたが難しそうですね。まだまだ工夫が必要です。

IMG_3817+1.jpg
電柵訓練場はクローバーを蒔いてあるので、よく根付いてくれました。フェンス沿いはヤギさんの口が届く範囲で除草されています。

IMG_3815+1.jpg

IMG_3816+1.jpg
伊東駅に毎日早朝に通ってチビさんたちの様子を観ています。草も少なくなり撤収を考えています。
動物取扱業申請 [2021年05月07日(Fri)]
前からの課題であった動物取扱業の再申請をしました。やぎさんの不審死が続いたのと、ヤギ舎や放牧場の改修に手間取りましたが目途が立ったので申請しました。2年延びたのでその間に法改正があり、さらにハードルが高くなってました。走り回って何とかクリア、今日は保健所さんの現地調査です。
IMG_3814+1.jpg
沢水が不可だったので水道水の引ける自宅の長屋を改造したメス山羊用の「サクラハウス」

DSC00826+1.jpg
サクラハウス水飲み場

DSC00827+1.jpg
サクラハウス給餌台

DSC00825+1.jpg
サクラハウス出入り口

IMG_3812+1.jpg
やはり水道水を引いてオス用の「ゲンキハウス」

DSC00822+1.jpg
ゲンキハウス水飲み場

DSC00821+1.jpg
ゲンキハウス糞乾燥場

DSC00820+1.jpg
ゲンキハウス給餌台

DSC00824+1.jpg
ゲンキハウス出入り口

IMG_3813+1.jpg
ゲンキハウス内の様子
検査は無事に終了、提出図面通りですねとの事でした。やっと取扱業が取得出来ます。
JR伊東駅ヤギ除草実験 [2021年05月05日(Wed)]
JR伊東駅さんと何回かの打ち合わせを経て、今日から実証実験です。
IMG_3805+1.jpg

IMG_3803+1.jpg
任地は駅ホームと駐車場の間、ホームに沿った細長い空き地です。フェンスが完璧なので、上部にダミーの電柵線張ればをすぐにも放牧可能でした。ヨツバとブーツを駐屯させます。

IMG_3800+1.jpg
駐屯シェルター

IMG_3811+1+1.jpg

IMG_3808+1.jpg
各種注意書き
街中での除草に取り組むいい機会です。臭いとか鳴き声が大丈夫かの検証ができます。狭いので2週間もすれば除草できるでしょう。その後は雑草の様子をみて、出入りを繰り返します。
カプリ茶園のお茶摘み [2021年05月04日(Tue)]
カプリコーンの近くに我が家の茶畑があります。体験農園として利用したいのですが、コロナ禍のご時世でできません。
IMG_3793+2.jpg

IMG_3794+1.jpg
手入れしてないので雑草が生えています。2人で半日だけの茶摘みです。姫之湯の製茶工場に出すのですが加工賃が1k当たり500円します。今日のは12k弱で6000円くらいかかるでしょう。例年ですと50kくらいあり、随分と高くなってしまう。来年は手もみを考えてみます。幼少期、このすぐ近くにホイロ製茶器がありました。上半身裸になり、汗だくで手もみする光景をかすかに覚えています。これを復活したらおもしろい!

IMG_3822+1.jpg

IMG_3797+2.jpg
チーちゃんの子供たちをチータとチコと仮に呼んでました。名前が決まりました。チータとウニさんです。ウニは南伊豆の漁師さんの里子になる予定で、漁師さんから名はウニとしてくれと連絡がありました。
| 次へ