CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年07月15日

モニタリング調査2021 7月その7 エコツアー目線


20210715_1.jpg

モニタリング調査でのワンカット。
先日のブログでご紹介しました、
ニッコウキスゲを引いて撮影。
よく見ると、ススキの草原と林の間には柵があります。

実は八島ヶ原湿原は柵で囲まれています。
調査員曰く、
「シカはおいしそうなニッコウキスゲが見えても
柵のため入ってこれない。」
柵のおかげで多様な植生が維持されているのが現状です。

ではシカの写真を。



20210715_6.jpg

写真はこの数年、定点調査をしている、
ビーナスラインの橋梁です。
シカの柵はありません。
シカは橋梁を舐めています。
主にミネラルを摂取していると推測されます。

今の霧ヶ峰の現状を踏まえ、今年もエコツアーのネタを整えています。

(不肖)
posted by 不肖 at 00:00 | TrackBack(0) | 活動レポート
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック