• もっと見る

2013年07月14日

車山肩のニッコウキスゲ その2

2013ニッコウキスゲ.jpg


先週ご報告した車山肩のニッコウキスゲの続報です。
今日は曇りでしたが、涼風のなか、グライダーの飛翔も見られた日でした。

2013ニッコウキスゲ2.jpg

車山肩は金色に染まりました。(雲は晴れると本当に見事です。)

2013ニッコウキスゲ3.jpg

しかし、シカ防御柵に守られている金色の大地です。
電気柵の有無により、ニッコウキスゲの数は極端に異なります。
現状ではこの方法が非常に有効なのが事実です。
事実を事実を受け止めつつ、徒然草風に言うと・・・
「この柵なかりましかば。(この柵がなけれはいいのになあ)」



ニッコウキスゲ4.jpg

とはいえ、今年は蕾の数が多いです。
すくなくとも今月中は楽しめると思います。
(期待を込めて!かなり期待できます。)

ニッコウキスゲ5.jpg

先週ご紹介した、柵の外のニッコウキスゲです。
シカに食べられることなく咲きました。
驚きました。
昼間は我々が闊歩する車山肩ですが、
夜は間違いなく、シカさんがぞろぞろだと思うのですが・・・。
(どうなのかな?よそで食べているのかな。)


ニッコウキスゲ6 のコピー.jpg

頑張っていると言えば、柵の外ですが、蕾は12個あるニッコウキスゲを見つけました。
だいたい5個ぐらいが普通なのですが。

ニッコウキスゲの声ならぬ声で伝えたいことは、
「柵の内も外も、とにかく頑張っている。見て、何かを感じてくれ!」

機会ある方は、ぜひ、ニッコウキスゲの声ならぬ声を感じ取りに
この夏、ぜひ、霧ヶ峰にお越しください。
ニッコウキスゲは柵の内でも外でも、みなさまをお待ちしております。
(不肖)


posted by 不肖 at 22:30 | TrackBack(0) | 生き物の暮らし
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック