CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年10月29日

魚釣り大会まで、あと3日!

天気予報は「晴」!
予定通り開催できそうです。

当日は、グリーンシティケーブルテレビの収録も予定されています。参加者の皆さん、お声がかかりましたら、インタビューにご協力ください。

また、明日の番組では、事前の紹介もあります。ケーブルテレビが見られる方は、ご覧ください。

日時:10月30日(金)18:50〜
番組:そらまめ通信ウィークリー
http://www.gctv.co.jp/community/soramametusin/index.html

チラシ(統合)2020_ページ_1.jpg
s-チラシ(統合)2020_ページ_2.jpg
posted by 矢田・庄内川をきれいにする会 at 13:02| 成果物

2020年10月16日

始動!矢田川バーブ工プロジェクト

当会が愛知県尾張河川事務所と検討を進めていた矢田川でのバーブ工設置。
この度、「矢田川バーブ工プロジェクト」として始動することになりました。バーブ工とは、川の流れに対して上流に向けて設置する、高さの低い水制工のことで、土砂の堆積を促すことで、 寄り州 、瀬淵を形成し、生物の多様化が期待できます。
また、当会も主催団体のひとつとして、11/13(金)に「小さな自然再生」現地研修会を開催します。チラシをご覧の上、ご興味のある方はぜひご参加ください。
■矢田川バーブ工プロジェクト
https://www.pref.aichi.jp/soshiki/kasen/yadagawabarb.html

1_愛知矢田川研修会案内チラシ_ページ_1.jpg
1_愛知矢田川研修会案内チラシ_ページ_2.jpg
posted by 矢田・庄内川をきれいにする会 at 17:06| 成果物

2020年10月09日

長良川の会議で庄内川?

8/30に開催された「長良川河口堰最適運用検討委員会県民講座」の中で、庄内川の水の汚れが話題に!
庄内川に長年関わっている鉄崎さんの指摘。
当会も同感!
お時間がある方、ご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=uRNxgT0eSsc&feature=youtu.be
posted by 矢田・庄内川をきれいにする会 at 12:09| 成果物

2020年10月08日

日本初、ウナギ専用魚道の設置!

当会の「ウナギ登りアシスト活動」(2013年〜)が冊子「あいち・なごや生物多様性ベストプラクティス」で紹介されました。
他にも名城大附属高校の「庄内川における生物調査と環境学習」なども紹介されています。
https://www.pref.aichi.jp/soshiki/shizen/bestpractice.html
スライド1.JPG
スライド2.JPG
posted by 矢田・庄内川をきれいにする会 at 09:11| 成果物

2020年10月01日

今年も「魚釣り大会」を開催します!

当会が長年続けている魚釣り大会を11月1日(日)に開催します。
今年の副題は
 〜「庄内川の語り部」発行記念魚釣り大会〜です。
1976年の「食べられない魚釣り大会」から始まり、毎年、その時々のトレンドを踏まえて、副題を決定しています。
ちなみに、今回は庄内川の水質基準が見直されたことを反映した副題も候補に挙がりました。しかし、2ランクアップできず「残念!」な結果だったこともあり、「庄内川の語り部」の発行を記念した副題になりました。
コロナ対策を実施した上で開催します。
「魚のつかみどり」などは実施せず、「魚釣り」中心のプログラムとしました。
参加者の皆さま、ご協力のほどよろしくお願いいたします。
チラシ(統合)2020_ページ_1.jpg
s-チラシ(統合)2020_ページ_2.jpg
posted by 矢田・庄内川をきれいにする会 at 15:18| 成果物

「ウグイ、サンマ、カエル。その心は?」-その2-

庄内川のウグイが激減。その原因はいったい何でしょう?
2020年版名古屋市レッドデータリストでは「水質悪化、堰堤による移動阻害や産卵適地の消失などが原因として推測できる。」と記載。確かにこれらの原因も影響しているでしょう。しかし、オイカワ、ニゴイ、コウライモロコ、カマツカなど他のコイ科魚類は多数生息しています。
(参考)
http://tosan-toho.jugem.jp/?eid=432...
こうした中、当会の中では『河川水温の上昇』が深く関わっているとの意見があります。庄内川は、日本一暑い街・多治見市を上流にかかえます。つまり、他の河川よりも高水温化が進行していると考えられます。
しかし、、、本当に水温が上昇しているのか、ウグイに影響を与えているのかを証明する科学的データや研究事例がありません。
ウグイが消えたこと、アユが釣れないこと、身近な庄内川で起きている現象は、実はサンマの不漁と繋がっているのでは?
広大な海で起こる現象を解明するのは、とても大変です。ゆっくりとした変化で、その変化に気付いた時には、もう手遅れな状況になってしまう恐れもあります。
ウグイが激減した今の庄内川は、まさに異常事態!この異常を察知し、他の河川が庄内川のようにならないよう、サンマが獲れなくならないよう、当会では昨年から河川水温長期モニタリングを開始しました。
既に遅いかもしれません。10年、20年続けても結果が出ないかもしれません。成果が見えるのは50年後、100年後かもしれません。
しかし、続けてみようと思います。
先日、久ぶりにデータの回収に行ってきました。まだまだ2年目ですが、洪水に流されず無事にロガーを回収でき、ひとまずホッとしています。
s-P9222506.jpg
posted by 矢田・庄内川をきれいにする会 at 08:49| 成果物