CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年12月27日

祝・内閣総理大臣賞

多治見高校の生徒さんによる川の自然再生の取組みが評価されました。ウナギが棲む川を目標としているあたりが、さすが「うながっぱ」の街。今回は実験河川での取組み。今後は実際の土岐川での取組みが期待されます。我々も「うながっぱ」が棲む街までクロコウナギが遡上する川を早急に再生していきたいと思っています。
http://www.eco-1-gp.jp/winner08.html
posted by 矢田・庄内川をきれいにする会 at 09:08| 成果物

2019年12月26日

庄内川水系・魚道視察団2020

「庄内川水系・魚道視察団2020」を開催します。
マイクロバスで庄内川にある主要な魚道を視察します。詳しくは後日、改めてお知らせします。

■開催概要
(1)日時  令和2年1月20(月)9:30〜16:00
※受付 9:00〜9:30
(2)集合場所  庄内川橋北・河川敷駐車場(別添1参照)
(3)視察場所  庄内川・矢田川の魚道施設(5箇所程度:別添1参照)※マイクロバスで移動。
(4)参 加 費  無料
(5)参加人数  20名程度
(6)持 ち 物 昼食、飲み物
 ※主催者側でヘルメットを用意しますが、各自持参可。
(7)内容  庄内川水系の生物多様性保全と水産業の再生を目的として、庄内川と矢田川に設置されている魚道について、魚道管理者と環境・水産関係者とともに視察し、今後の魚道管理と関係者間の連携のあり方について話し合う。
posted by 矢田・庄内川をきれいにする会 at 16:55| 成果物

2019年12月19日

川における気候変動適応活動

水温データロガーの回収に行ってきました。
9月に志段味で回収した話を投稿しましたが、今回は多治見と矢田川・瀬古に設置したロガーの回収です。多治見では写真のとおり、ロガーを無事に回収。水温データもしっかり計測できていました。瀬古のロガーは残念ながら、回収できませんでした。ワイヤーの結束部の腐食が原因かと思われます。いずれにしても、数カ所のロガーを回収するだけでも、時間を費やすため、今後は地元の方々と連携し、ロガーの設置・回収ができるような体制を考えていきたいです。
PC151185.JPG

PC151179.JPG
posted by 矢田・庄内川をきれいにする会 at 11:17| 成果物

2019年12月18日

名古屋市内でアユの産卵

12/7にアユの卵を確認しました。たくさんの人と車が行き交う庄内川橋の下で懸命に命をつないでいます。伊勢湾育ちアユたちが、春に戻ってくるのが待ち遠しいですね。
20191118小田井アユ産着卵.JPG
posted by 矢田・庄内川をきれいにする会 at 16:32| 成果物