• もっと見る

2014年04月23日

魚道づくりを庄内川河川事務所に協力

RIMG0455.JPG

魚道づくりを庄内川河川事務所に協力
4月22日,庄内川河川事務所に協力して魚道づくりをしました。当会からは6名が参加,棚田式魚道の最上部にコンクリートを流す作業と自然石の配石を行いました。この魚道は両岸にある魚道の補完的な役割が期待されるもので,増水した際にアユがコンクリートのたたきに集まり,90度に近い堰の壁をむなしく飛び上がるのを防ぎ,上流へ遡上させることを意図しています。見た感じでは各棚の部分がやや高いように感じますが,水が流れてみないと分かりません。この魚道では6月1日に市民も含めた調査を実施する予定で,その際に大きめの石を並べてもらう活動を実施することになるでしょう。
 取りあえず,今月中には完成するそうで,楽しんで待ちましょう。本日の中日新聞の24面に大きく取り上げられていました。

RIMG0460.JPG




posted by 矢田・庄内川をきれいにする会 at 13:51| 活動報告

2014年04月21日

今年も投網講習を行いました

RIMG0446.JPG


今年も投網講習を行いました
4月20日,例年のように名城大学付属高校生への投網講習を行いました。雨の予報があり,やきもきしていましたが,曇り空,何とか実施にこぎつけました。参加者は高校生30名に先生2名でした。昨年の経験者も数名おり,一度体験すれば体が覚えているので,1年生への指導にも当たることができます。かなり肌寒いのに半そでシャツの生徒もいましたが,若いとしか言いようがありません。
 当会と付属高校との連携について説明したのち,5班に分かれて講習を開始しました。講習はベテランの会員と若手の二人に,会長も加わりました。最初に投網の持ち方から始め,投げ方を経て,実際に投げてもらったのですが,飲み込みも早く,ほとんどの生徒がうまく投網が広がるようになったようです。
 さて,今度は実地訓練となりますが,この寒い中を川の中へ入ってもらわなくてはなりません。生徒たちは投網やタモをもってJR鉄橋下のコンクリート床止周辺に散って,魚取りに挑戦しました。4月1日には既にアユが遡上していることは,会員により調査済みです。しかし,残念ながら,この寒さでは魚の動きは鈍く,まだ慣れていない高校生の腕ではアユやその他の魚類を投網で捕獲とまではいかなかったようですが,タモではわりに多くの魚類等が捕まったようです。
 手長エビは多数,太って愛嬌のあるヌマチチブ,ゴクラクハゼ,メダカ,オイカワ,カマツカに加えて海で育ったスズキやボラの子,モクズガニなどですが,拍手をもらったのはウナギ(シラスウナギの状態より大きい)でした。さすがに自然科学部の生徒だけあって,興味津々。
 このような活動に参加する生徒たちは必ずや,成績も向上し,視野も広がることが期待できます。なぜなら,幅広い知識を獲得できるうえに自然への畏敬を学ぶことになるからです。
頑張れ,名城大学付属高校生。
RIMG0450.JPG
posted by 矢田・庄内川をきれいにする会 at 12:18| 活動報告

2014年04月13日

平成26年度総会を開催ー法律によって守られた公害をなくそう

平成26年度総会を開催
 平成26年度総会は4月13日,10時から守山下水処理場会議室で開催されました。
出席者は16名でした。25年度の事業報告,決算報告,26年度事業計画,予算および役員が承認されました。最も時間を費やしたのは,事業計画で提案された定期的な清掃活動と庄内川の最大の汚染源である企業の廃水への対応でした。
定期的な清掃活動は,活動の一つの拠点である,小田井床止の両岸および川の中のゴミを集めるということですが,先ずやってみようということで5月11日,10時から実施します。一度やってみて,ゴミの採集方法や集めたゴミの処理法などをチェックして,次に備えることになりました。
庄内川の最大の汚染源である製紙会社の廃水への対応については,先ず会員で製紙会社の廃水について学んでみようということになりましたが,今年2月には会員5名で企業へ出向き,廃水の水質を改善してくれるように要求しており,その回答を待っていることが紹介されました。公害という言葉が今はあまり聞かれなくなってきましたが,公害はなくなったのではなく,厳然と存在することを認識しなければならないでしょう。
海や川は住民(国民)の財産です。それが一企業の法律に違反しない(?)廃水が原因で,子供が安心して川遊びができない,川の魚が食べられないとしたら,これは「法律によって守られた公害」であると言わざるを得ないでしょう。企業にも行政にも猛省をお願いする次第です。
総会は2時間を超えましたが,終了後,例年のように会長夫人が一人で作ってくれた,旬の香りいっぱいの,蜂の子ごはん,タケノコごはん,ワラビ,タラノメ,タケノコの天ぷら,シカの刺身,シシ汁,山菜のあえ物に加えて,タヌキ汁が提供されました。タヌキ汁は冗談だと思ったのですが,ウィキペディアには「タヌキ汁」の解説が掲載されていました。味は好き嫌いがあるかもしれません。
いつものことですが,贅沢なランチというしかありません。
矢田・庄内川をきれいにする会は今年度も精いっぱい頑張って活動していきますので,ご支援をお願いします。
posted by 矢田・庄内川をきれいにする会 at 18:14| 活動報告

2014年01月30日

才井戸流の環境整備活動

RIMG0349.JPG

才井戸流の環境整備活動
 1月25日,才井戸流の環境整備活動を行いました。参加者は合計計名でした。作業は才井戸流の両岸の草刈り,川の中の不要植物の除去,諏訪神社から下った右手上流へ草刈り機が作業できるようにするすのこ設置(5か所)でした。才井戸流の両岸は人が通れるくらいに除草し,上流部の川の中はミクリ三兄弟を保護するために,ヨシを除去しました。10時前から始まり午後1時30分まで,造園の専門家集団のプロが丁寧な仕事をしましたので,3時間30分も要しました。草刈車が上流部も通れるようになり,除草を完了しました。

RIMG0360.JPG


posted by 矢田・庄内川をきれいにする会 at 16:09| 活動報告