• もっと見る

2011年11月06日

庄内川まつり第37回魚釣り大会ー雨模様を吹き飛ばす

庄内川まつり第37回魚釣り大会ー雨模様を吹き飛ばす
 第37回魚釣り大会は11月6日(日)に開催されました.前日から雨で当日も朝から小雨の状態でしたが,6時過ぎに会場の水分橋下に着きました.ほどなく,テントや用具を積んだ軽トラが到着し,決行することにしました.魚釣りの受け付けは7時からでしたが,その前に数人の釣り人が待っていました.係の電話にはひっきりなしに問い合わせの電話がかかってきましたが,港区から参加の親子ずれの小学生に,今日は何時に起きたか聞いたこところ,5時と答えてくれました.9時を過ぎるころから,親子連れの参加者が多くなりました.
 掴みどりのアマゴを乗せた車が会場を通過しましたが,なかなか河川敷にあらわれず,しびれを切らした会長が迎えに行ったところ,雨で河川敷に車が入れずに堤防が生簀に下ろすことになりました.堤防から生簀まで相当距離があり,大型のブルーシートを4枚使い,大勢の助けを借りてアマゴを下ろすことになりましたが,私もアマゴ下ろしを手伝いましたので,迫力ある写真が撮れなかったのが残念です.
 

 続いてアマゴの掴みどりを人数を制限しながら行いましたが,その様子は写真でご覧ください.また,今年は頑張る子供たちが多く,一人で30匹ほど捕まえた子供も何人かいました.魚釣りの表彰までの間に,矢田・庄内川をきれいにする会の活動報告と外来魚講座を実施しました.また,名東ライオンズクラブおよび(株)平田工業さんからの寄付の贈呈式が行われました.また,この事業は河川環境管理財団の助成により実施され,(株)リコージャパン社のグリーンプロモーション事業に認定されていることが報告されました.
   
 参加者にアマゴの串焼き,トン汁,おでん,おにぎりが振る舞われました.最後に表彰式が実施されましたが,4人全員入賞の親子もいました.最終的な参加者は名簿記載者86名と同伴者98名の184名ですが,名簿に記載しない会員や見学者を入れて200名を超えたようです.
 子供たちの熱気が雨模様を吹き飛ばしました.
posted by 矢田・庄内川をきれいにする会 at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011年分
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック