CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年01月22日

気候変動適応のための庄内川水系・水温モニタリング

今年から開始した水温モニタリング。
魚道視察団の際に、志段味と多治見の連続測定結果を関係者と共有しました。両地点とも7月下旬〜9月中旬まで25℃以上であり、8月中旬は30℃以上になる日も頻繁にありました。毎年、天然アユ友釣り大会を9月中旬に実施していますが、この結果から、開催時期の見直しが必要かもしれません。釣り大会参加者の方々からもご意見を伺いたいと考えています。
また、アユが水温の低い上流域まで遡上できるよう、また堰下流で滞留しないよう、スムーズに魚道を登らせることも気候変動適応の一つであると、魚道管理者の方に伝えています。
P9160380.JPG
10_水温データロガー設置報告_ページ_4.jpg
posted by 矢田・庄内川をきれいにする会 at 14:03| 成果物