CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« お見舞い | Main | 新聞記事(山菜&野菜)»
プロフィール

木の子さんの画像
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
frameuNHKオンライン.gif ←クリック hlogo-thumbnail2[1].gif札幌市清田区役所H.P
Facebook&Twitter
読売新聞 ブランド企画
f_logo[1].jpg Facebook 張替宣男 th[1].jpg Twitter naratake
Google翻訳
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
 掲示板アラカルト
高木ひろひさ.jpg
  
高橋はるみ知事.jpg
   参議院議員 高橋はるみ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
https://blog.canpan.info/kinoko-saien/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kinoko-saien/index2_0.xml
logo_photo_03[1].png
人工林マツタケ山に!! [2020年01月29日(Wed)]
北海道新聞2020.1.28夕刊掲載


道内人工林マツタケ山に exclamation×2

     PDFを clickC.gif  道内人工林マツタケ.pdf

マツタケライン.png
ツキヨタケを誤食 [2016年10月15日(Sat)]
mico-man.jpg 
 
 北海道新聞2016.10.12
    朝刊掲載


  シイタケと間違ってツキヨタケで食中毒exclamation×2

    clickC.gif ツキヨタケで食中毒.pdf

これからムキタケ Panellus serotinus(食)も発生するので、
くれぐれもご注意下さい。
食用不適キノコ誤販売 [2016年10月07日(Fri)]
AC50×50.JPG      島牧・道の駅で
 食用不適キノコ誤販売
 もうやだ〜(悲しい顔)

     北海道新聞2016.10.7朝刊掲載

     掲載記事clickC.gifオシロイシメジ誤販売.pdf
まるしいたけ [2016年01月07日(Thu)]
logo-mainichi.png

  [記事]
61.jpg

新種「まるしいたけ」栽培。神戸市の青果会社が運営する「神戸しいたけ研究所」が23日に、特有の香りの元になる「ひだ」・「足」がない「まるしいたけ」を発売する。約100g:298円
韓国で開発され、昨年1月に同研究所が日本での特許使用権を買い取った。直径約5pの球形で栽培方法はシイタケと同じだが、甘味があり、食物繊維は約3倍、ビタミンB₁約2倍という。※足というのは私達でいう柄のことと思う。一度食したいものですね。
世界最長のエリンギ\(◎o◎)/! [2014年07月27日(Sun)]
    北海道新聞2014.7.26夕刊掲載

きのこ栽培生産しているホクトが世界最長のエリンギを栽培した記事が掲載してましたのでご紹介します。

                  新聞記事
エリンギ.jpeg
ヤナギの菌床でシイタケ栽培へ [2014年01月12日(Sun)]
 北海道新聞2014.1.10夕刊掲載

ヤナギのおが屑を利用した菌床でシイタケを栽培の検証実験を始めた記事をご紹介します。成長の早い厄介者の小枝のヤナギで量産化されれば吉報です。(H26.1.10)

                  新聞掲載
img533.jpg

img534.jpg

  記事をクリックすると見やすいですexclamation×2
ヤナギ木の菌床でシイタケ栽培 [2013年11月26日(Tue)]
北海道新聞2013.11.26朝刊掲載

従来シイタケ栽培には、原木と菌床で生産されていますが、ナラやシラカバのおがくずを使用してますが、初のヤナギのおがくずのみで、しいたけ菌床で研究結果、きのこの大きさと味も優れている結果の記事が掲載されていましたのでご紹介します。もともとヤナギの倒木には美味しい野生のキノコ・・・ヌメリスギタケモドキ(ヤナギタケ)やエノキタケが発生するので、味はいいのではないかと思います。ヤナギの木は成長が早いのでこれから期待が持てると思います。

             ヤナギ菌床しいたけの記事
img531ヤナギ菌床.jpg

      ※ 記事をクリックすると見やすくなります
ツキヨタケ(毒きのこ)の記事 [2013年10月08日(Tue)]
 北海道新聞2013.10.6朝刊掲載

ツキヨタケ(毒)は、これから発生するムキタケ・天然シイタケと似ているので中毒ではランクに入るほど誤食が多い。判別する方法は、基部の断面に黒いシミがあるので判断できるが、最近シミの無いものも発生しているようです。十分調べてから、まさしく綺麗なものには毒がある。。。

                  道新記事をご紹介
img524H25.10.6道新朝刊掲載.jpg

[ご紹介] 主婦の友社 美味しいキノコ・毒きのこポケットBooksnにシミのないツキヨタケ(毒)の写真掲載されていますので参考にして見て下さい。
毒キノコによる食中毒 [2013年10月05日(Sat)]
 北海道新聞2013.10.5朝刊掲載

毒キノコを誤食されて食中毒記事が掲載されていましたのでご紹介します。くれぐれも、わからないキノコは絶対に食べないようご注意下さい。

                 道新記事
img523.jpg

[参考]   北海道きのこ図鑑 著者 高橋郁雄氏の文献
img521北海道きのこ図鑑 著者 高橋郁雄.jpg
「鹿角霊芝」の栽培 [2013年06月20日(Thu)]
      『鹿角霊芝』の栽培記事

鹿角霊芝は、霊芝の中でも自然界では数万本に一本しか発生しない極めて貴重なキノコです。限られた所しか栽培されておらず、札幌近郊で霊芝を栽培されているとはびっくりしました。記事が載っておりましたのでご紹介します。(記事クリックすると見やすいです)

kako-kzZ7clfkYji7s7Zp[1].jpg

IMG_0001.JPG もう9年前にもなりますが、北海道登別市にある道南平塚食品株式会社様が鹿角霊芝のエキス出納豆菌を活性化させて商品化「鹿角納豆」を販売。当時は100グラム3万〜4万円で販売されていたそうで、何としても珍しくキノコ展へ出品をお願いしたところこころよく1本寄贈していただきました。長さは30cm以上超えていましたが乾燥したいまでも30cmはあります。展示会の折には、出品PRさせていただいております。
大量生産されれば価格も安く手に入ることと思います。色々なサプリメントに応用されることを期待します。(※ 道南平塚食品株式会社から寄贈いただいた鹿角霊芝)
                  
| 次へ