• もっと見る
土鍋で炊飯♪ 超簡単、15分♪ [2018年03月05日(Mon)]
陶芸を電気炉で焼いている分、他ではできるだけ電気を使いたくない。
それもあって、うちには炊飯器がありません。で、土鍋ごはん。

とはいえ、自然食店で売っているようなお高い炊飯土鍋ではなく、どこのお宅でも冬の鍋に使う普通の土鍋で炊いてます。(なのでお鍋をする日は残りご飯がある日だけ)

s-IMG_1447.jpg


まず、米とぎ。これも、普通のざるとボウルを使い、研ぐたびにボウルをパッとはずし、水切りすると便利です。で、そのまま夏なら30分、冬なら1時間放置。(でも時間のない時は水を増やして、すぐ炊きます、おなかをすかせた子供らがいるので)

s-IMG_1432.jpg


保温段ボールの準備。

うちのは、段ボールを2つ合体(はじめ1つの上に載せていたら重さでかしいだので、もう1つを合体。)その上に新聞を敷いてます。毎回使っているので、土鍋サイズ分いい感じで中央がへこんでいます。
s-IMG_1434.jpg


水加減は適当。まあだいたい指1関節弱。少し柔らかめが良ければ指1関節。

s-IMG_1433.jpg


強火で加熱。端から、ぶくぶく言ったら蓋。今回、時間を計ったら10分でした。

s-IMG_1435.jpg


蓋の穴に軽く新聞詰めてます。

s-IMG_1436.jpg


蓋してからも強火。音が大きくなったら火を消します。今回時間を計ったら5分でした。ちなみにいつもは蓋を開けませんが、大サービスで中の様子。全体にじゅわじゅわ泡吹いてますが、まだ湯は結構あります。ここで湯がなくなるくらいに加熱してしまうと後でこげてしまうので要注意!

s-IMG_1437.jpg


すぐに段ボール台に載せます。下部分がいい感じで埋まってます。

s-IMG_1438.jpg


次に上から新聞を3日分くらいを交互に載せます。

s-IMG_1441.jpg


これで保温加熱できます。この間におかずを作ります。30分くらいかな〜。開けるとこんな感じ!カニの穴ができて、表面のご飯の粒が立ってます!

s-IMG_1446.jpg


この新聞の多いが優れもので、数時間たってもご飯があったかいです!

お鍋をしない日は、ぜひお試しくださいね。
CANPAN山田さんの「助成金講座」 [2018年03月04日(Sun)]
2018年2月7日、杉並区地域大学主催で、CANPAN職員の山田さんの「助成金講座」へ出席しました。(会場:杉並区立産業商工会館)
助成側の観点である「助成終了後の継続性」の観点も入れて書く、以前と違って団体の情報公開が大事・・・勉強になりました。
2007年6月3日に武蔵野市NPO・市民活動ネットワーク主催「社会情報インフラ「CANPAN」〜団体の活動基盤を創造する仕組み〜(日本財団CANPANウェブマスター町井則雄さん)の講座でCANPANブログを始めたものの、自分のHPを独自ドメインで作ってもらってから、更新してないな〜と思い返し、また、ブログをしてみようと思いました。
久々ですが、よろしくお願いします。
歩いて保育園へ [2009年05月26日(Tue)]

歩いて保育園へ

体重増加に気がついてから、
げんげんと歩いて保育園に通ってます。
中高年の愛犬との散歩って感じです。

自転車で5分の道のりが
徒歩30分です。

花を見るのが好きなようで
何度も覗き込んだり、しゃがんだり。
ムルムルに可愛いです。

「これは、自分で生えた花?」
と聞いて、そうだったら1つだけ採ってます。

人の内のは採らないし
1個しか咲いてないのも採らないと
決めてるようです。

そっと両掌に載せて運び
クラスに着くと
先生に見せて
大好きな女の子に
あげます。

初めてあげたとき
私がその子の髪留めのゴムに
タンポポをさしたのを
2人ともよく覚えていて
今日も、お花の髪飾りにしたがりました。

う〜、2人ともカワイイ。

そういえば、今、高1の長男も
2歳のとき、歩いて通園し
大好きなナオ先生に
毎日1本ずつタンポポを
摘んで、「ハイッ」とあげてました。
| 次へ