CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
子ども劇場千葉県センター"子どもに笑顔を"
子どもと文化芸術と地域をつなぐ「子ども劇場千葉県センター」です。
子どもの電話[チャイルドライン千葉」0120-99-7777(16時-21時 毎日)
とびっきりの子ども時代を!
ホームページhttp://chiba.gekijou.org/
« 講演会 | Main | 子どもの権利条約 »
プロフィール

特定非営利活動法人 子ども劇場千葉県センターさんの画像
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ナターシャ
行政訪問真っ最中です (08/18) りりあん
夏休み (08/16) のんちゃん
夏休み (08/16)
リンク集
QRコード
https://blog.canpan.info/kidchiba/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kidchiba/index2_0.xml
タグクラウド
検索
検索語句
NPO県民ウォーク報告ぞくぞく[2010年12月06日(Mon)]
みなさん、お疲れさまでした。
12/4 県民ウオークが無事に終えることができました。
全コースとも怪我もなく、ガイド団体の方の真剣な取り組みに
参加者のみなさんの満足感も得られていました。


●船橋市における太宰治ゆかりの地めぐり
30名でぎやかに、歩いてきました〜!
みなさん、熱心に船橋レクリエーション協会のガイドさんのお話にメモをとってらっしゃいました。
「太宰文学の発祥の地」船橋めぐりは、驚きの連続!
へ〜こんな所があったんだ!細い路地を巡ってまるで街探検。
高層ビルの間に、時代を感じる太宰ゆかりの場所めぐりに参加者のみなさんと大いに楽しんできました。   (byターナ)

●「本佐倉城跡」5時間ウォーク
京成大佐倉駅から近く、佐倉市と酒々井町にまたがって、北に印旛沼の湿地を背中に、戦国時代、1469年から1590年までの120年間、千葉氏9代のお城だったところ
豊臣秀吉の小田原征伐で北条氏が滅亡した折、北条氏に見方していた千葉氏も滅んでしまったそうです。
実際は、戦は一度もなく、勢力争いの末に滅んだのですが、「戦いへの備え」としての築城の大土木工事を想像してみると、何千人の農民が駆り出されて、もっこをかつぎ、馬をひいたのか・・・ど迫力がありました。
アップダウンの山道、平坦な畑の広がる台地を歩きながら、将門の乱、佐倉惣五郎の逸話も聴け、とても楽しく勉強できました。
案内は「NPO法人まちづくり支援ネットワーク佐倉」に申し込めばこれからもやっていただけますよ。    (byナターシャ)

●八街の桜並木ウォーク
前日の午前中まで参加者がないという状況でしたが、
当日は、5歳から83歳まで7名の参加がありました。
ガイドの古川さんも安心され、(私もホッ!)
青空の下、皆さん、のんびりと八街の自然を満喫されました。
               (byたかちゃん)

●市原米沢の森
20人近くの参加者で大にぎわいです!
                (byりょうたん)

などなど・・・初めての街、見慣れた街の再発見、参加者の交流などたくさんの楽しみがありました。
Posted by リリアン at 18:54 | NPO | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
子ども文化地域コーディネーター[2010年02月23日(Tue)]

2010年2月22日 
子ども文化地域コーディネーターを深める学習・交流会を子ども劇場千葉県センターの団体正会員のリーダーを対象に行いました。

〇問題提起 
子ども劇場千葉県センター 笠原直子
「子どもの舞台芸術体験広場」を千葉市行政や市内団体正会員と取り組んだ子ども文化地域コーディネーターの視点から見えたこと

〇リレートーク
「ひらけ!夢ステージ・ちば2009」を終えて、子ども文化地域コーディネーターとして取り組んでみたこと
@子どもプラザ成田事務局長 野牧けいこ
Aいんざい子ども劇場理事長 清宮絹代
B流山おやこ劇場理事長  吉川喜代美

午後はたっぷりグループ交流ウインク
私たちのまわりの子どもの状況を語りながら、チャレンジしたい自分を語りました。
次年度も子どもの生活圏で、生き生きとした文化活動を生み出していくことでしょう。


Posted by リリアン at 16:08 | NPO | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
子ども劇場首都圏交流会参加[2010年02月23日(Tue)]
2月18日、国立オリンピック記念青少年総合センターにおいて、首都圏の子ども劇場おやこ劇場関係団体が集まって、交流会をしました。
テーマは、『こどもの文化権の保障のために子どもたちにとって必要な地域とは?それをつくるために子ども劇場は何ができるか?』

問題提起は、
大森智惠子(首都圏常任委員・子ども劇場千葉県センター事務局長)子どもの文化権と地域文化コーディネーターとは
パネリストは、
秋元節子(志木おやこ劇場) ひとりで地域の中の拠点に飛び込んで子どもの文化を届けた
渡慶次康子(NPO法人市川子ども文化ステーション理事長) 子どもがつくるまち・ミニいちかわを通して地域に伝えたいメッセージ
大橋淑子(NPO法人横浜こどものころば運営委員長)私のエリアミッキーサークルでの楽しみ
水流尚子(NPO法人こども劇場せたがや専務理事) 世田谷での子どもの集まり身近なサークルで
吉田まさ子(高崎子ども劇場事務局長) やりたいことを一緒にやろう

子どもが道草しながら帰る生活圏で、子どもを知り、一緒に見守る大人を増やしたい。私たちの専門性を生かし、子どもを真ん中に文化で地域を楽しくしたいですね。
Posted by リリアン at 00:43 | NPO | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「NPO の日」の旗を立てよう[2009年10月26日(Mon)]
12/1は千葉県NPOの日です。いろいろなイベントが計画されています。11/1から2カ月間はNPO月間です。活動するときは、ぜひこの旗を掲げてひとりでも多くの方にNPOを知ってもらい、千葉県民が一緒に元気になれるよう盛り上げましょう。

旗一枚800円、ポールと旗のセットで1300円。

下の白い部分に団体の名前を書いてアピールできます。

受け渡しを子ども劇場千葉県センターが担当しています。
数に限りがあります。お早めにご連絡ください。

Posted by リリアン at 23:55 | NPO | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)