CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

吉右ヱ門さん家

小規模多機能ケアは、1980年代から全国各地で草の根的に生まれた宅老所が実践してきた在宅支援方法です。制度を活用しながら、また、制度の隙間を埋めながら、利用者中心の在宅支援を行ってきました。そして、今回の介護保険法改正により、地域密着型サービスとして、「小規模多機能型居宅介護」が制度化されました。
このサービスは「通い」機能を中心に利用者の24時間の生活を支え、必要に応じて「宿泊」機能や「訪問」機能を行うことで在宅生活の継続を確保します。さらに、利用される一人ひとりが望む地域での暮らし方を尊重し、必要に応じて自らのもつ機能を柔軟に生かしながら、利用者がそれまで築いてきた地域、家族との関係に配慮しながらサービスを提供します。


<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
プロフィール

吉右ヱ門さん家さんの画像
吉右ヱ門さん家
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
けん
サザンカ (12/04) だいちゃん
サザンカ (12/03) だいちゃん
もう8月・・・ (08/05) けんちゃん
救急法 (08/01) だいちゃん
救急法 (08/01) だいちゃん
7月初☆★ (07/23) だいちゃん
絵手紙教室(吉右ヱ門さん家にて) (07/23) けん
7月初☆★ (07/14) だいちゃん
7月初☆★ (07/08) けんた☆
もういくつ寝ると・・・ ♪♪ (07/07)
リンク集
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/kichomon/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kichomon/index2_0.xml
運転免許証の返納 [2022年01月22日(Sat)]
今の車社会の中、毎日の生活には車(セダン)車は、欠かせないものになっています。
都会と違い、電車やバスなどの交通網が少ない地域に生活していると目
若い頃から、移動手段は「自家用車」に車(RV)

吉右ヱ門さん家の利用者さんも、昔は自分で運転しわーい(嬉しい顔)通院や買い物等病院
大切な移動手段だった方が、おられますくつ

大切な移動手段が、ご自身の年齢や体調不良の為、運転できなくなりふらふら

家族や医師から「もう運転は危険だよ」と助言され耳免許返納を余儀なくされる事も・・・。

車の運転が出来なくなった場合、日々の生活に支障がもうやだ〜(悲しい顔)

その様な皆さんを援助する為に、警察や市役所・役場も返納された方への支援が
沢山出来ていますグッド(上向き矢印)

高齢や病気で、自分で運転できなくなっても、生活に密着した支援が黒ハート
今後も増え、安心して生活できるようになるといいですねかわいいるんるん